乃木坂46、桜井・西野・松村がWOWOWドラマ出演 現役アイドルとしては初

「天使のナイフ」桜井・西野・松村

乃木坂46の桜井玲香、西野七瀬、松村沙友理の3人が、WOWOWにて2月より放送スタートする「連続ドラマW 天使のナイフ」に出演することが12日、明らかとなった。



現役アイドルグループが、骨太で社会派ドラマに定評のあるWOWOWドラマに出演するのは今回が初めて。
「連続ドラマW 天使のナイフ」は少年法を題材としたミステリー性に富んだエンターテイメント作品。妻を少年たちに殺害された主人公を小出恵介が演じ、倉科カナ、若村麻由美、手塚とおる、和田正人、千葉雄大ら役者陣が顔を揃える。

オーディションによって出演を勝ち取ったという3人は、いずれも演技経験のあるメンバー。
2013年の学園ドラマ「49」でマドンナ役を演じた西野七瀬は「しっかりお芝居をさせていただける貴重な機会なので、自分なりに頑張りたいと思います」と本作への意気込みを語り、「シリアスなドラマですが、私は明るい女子大生役なので、視聴者の方が一瞬緊迫感が柔らぐような笑顔で演じたいと思います!是非見てください!」とメッセージを送っている。

昨年、劇団SET公演の舞台「Mr.カミナリ」でヒロインを務めた桜井玲香は、「まだお芝居は分からないことが多いのですが、周りの皆さんから沢山の事を吸収しつつ、この作品の中に自分も何かを残すことが出来る様に頑張ります!!」と気を引き締める。

松村沙友理は2013年、ドラマ「BAD BOYS J」や劇場版『BAD BOYS J -最後に守るもの-』に出演。「薬丸岳さんのデビュー作であり話題作の『天使のナイフ』の世界に素晴らしいキャストとスタッフの皆さんと共に混ざらせて頂けることになり嬉しく思っています」と本作への出演を喜び、「ものすごく微力な私ですが、皆さんと一緒に作品を作っていくことに大変わくわくしています。精一杯、頑張ります!よろしくお願いします」と、気合十分のようだ。

今回、乃木坂46の3人が演じるのは、小出恵介演じる主人公・桧山が店長を務めるカフェ「ブロードカフェ」の店員役。ネタバレとなるため、役名などの詳細は明かされていないが、3人のうちの1人が物語の重要な鍵を握っているという。

日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 天使のナイフ」は、2月22日(日)より毎週日曜夜10時放送。(全5話/第1話無料放送)

特設サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/tenshi



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top