橋爪功、前田敦子との共演シーンなくガッカリ「降りようかと思った」

女優の前田敦子が15日、都内で行われた「連続ドラマW 翳りゆく夏」の第1話完成披露試写会に出席した。


ドラマは江戸川乱歩賞受賞の同名小説が原作。20年の時を経て、再び新生児誘拐事件を追う元新聞記者が、封印された真実に迫っていくノンストップサスペンス。
この日は、前田のほか主演の渡部篤郎をはじめ、時任三郎、橋爪功、板谷由夏、波多野貴文監督が舞台挨拶を行った。

150115wowow23主演の渡部演じる梶秀和が勤める新聞社の社長を演じた橋爪功は、撮影で「(渡部と時任の)2人としか会っていない」とぼやき、MCから“前田との共演を楽しみにしていたが、共演シーンがなくがっかりしていた”というエピソードを暴露されると、「がっかりしたっていうか、もう降りようかと思った」と冗談交じりに話して会場を笑わせた。

誘拐事件の唯一の目撃者で、現在は風俗嬢という難役に挑んだ前田。「すごい難しい役をやらせていただけたなと思います。でも現場で監督と渡部さんが引っ張ってくださったのでついていっただけで、ありがたかったです」と撮影を振り返る。
撮影後、そんな前田との共演シーンを「演じていて楽しかった」と話していた渡部は、前田の演技について「彼女の役が持っている心のひだとかを本当に素敵に演じていて、ちょっとびっくりしました。何も説明しなくても、声とか目の動き1つとか、そういうのだけで表現なさっていて」と絶賛。前田の言葉とは反対に「僕がついていった感じ。僕が引っ張られたような気がします」と印象を語った。
波多野監督も渡部に同調し、「すごい短いシーンの中で(役の)過去が見えるし、存在感もすごく強い。(前田が演じた)優という存在が、説明の台詞がなくても“こういう人なんだな”というのがわかる」と前田の演技を評価していた。

日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 翳りゆく夏」は、2015年1月18日(日)午後10時より毎週日曜放送の全5話。第1話無料放送。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top