E-girlsのAmiが「ちびまる子ちゃん」で声優初挑戦

©さくらプロダクション/日本アニメーション ©フジテレビ

1月25日に放送される『ちびまる子ちゃん アニメ25周年記念〜旅は道連れ、苦あれば楽あり美味もありスペシャル』で、E-girlsのAmiが本人役で登場する。


今年1月に放送25周年を迎える『ちびまる子ちゃん』は、これを記念して、遠路はるばる香川県まで初の家族旅行に出かけるという特別なエピソードを放送。Amiはそんな特別番組の案内役として、番組冒頭のコーナーに登場し、さくら家と一緒に今回のスペシャルの見どころを紹介する。

『ちびまる子ちゃん』の主題歌「おどるポンポコリン」をE-girlsの一員として歌っているAmiだが、声優は今回が初挑戦。
収録当日は何度も台本を読みながらセリフを確認し、本番に臨んだ。収録スタジオに足を踏み入れると「こんな広いところでやっているんですね!」と初めてのアニメ収録スタジオの広さに驚いた様子。
さらにはまる子役のTARAKOもスタジオに入り、Amiのすぐそばで収録を見守るという状況だっただけに、「TARAKOさんがいらしてビックリしましたし、すごく緊張しました。でも『こんにちは』と挨拶を交わした瞬間に『あー、まるちゃんだぁ!』と思ってテンションが一気に上がりました!」と語り、まる子の存在が声優初挑戦の緊張を和ませてくれたようだ。

©さくらプロダクション/日本アニメーション ©フジテレビ収録スタート時は音響監督から、アフレコをする際の台本の持ち方や位置の指示、「気持ちを込めてせりふを言おう!」などいくつかの指示が出たが、それ以降はちょっとしたアドバイスですぐに修正できる順応性を示したAmi。苦戦するかと思われた、まる子と一緒に言うタイトルコールもスムーズにこなし、音響監督からは「直すところがほとんどない!」と太鼓判を押されていた。

フジテレビ編成部の狩野雄太氏は「25周年スペシャルということで、普段のレギュラーではやることが出来ない、特別なことを企画させて頂きたいと思い、オープニングで『おどるポンポコリン』を歌って頂いているE-girlsのAmiさんがまるちゃんとトークをしたら、きっととても面白くてかわいらしいものになるだろうなと思い、ご出演のお願いをさせて頂きました」と、オファーの経緯を語る。
声優初挑戦となったAmiについては「慣れないアフレコにも関わらず、対応するのがとても早くて、勘というか、本当にリズム感がとてもいい方なのだなと思いました」と評価しており、「どんなことをまるちゃんと話しているかは是非25日の放送をご覧いただければと思います」とコメントした。

25周年を迎える『ちびまる子ちゃん』について「テレビアニメをみていて、日曜日の定番という感じ」と話す現在26歳のAmi。アフレコ収録を終えて「まるちゃんが『Amiちゃん』とか言ってくれているのがすごいなと思いましたし、終始感動のひとときでした。夢みていたことでもあったので、信じられない気持ちでいっぱい」と感慨深げ。今回は本人役だが、もし出演するなら「一瞬きた転校生役とか。すぐにまたいなくなっちゃうような。そんな役をやってみたい」と願望も明かしていた。

「ちびまる子ちゃん アニメ25周年記念〜旅は道連れ、苦あれば楽あり美味もありスペシャル」

■放送日時:1月25日(日)午後6時〜7時
©さくらプロダクション/日本アニメーション ©フジテレビ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags , ,

関連記事


Top