リリー・フランキーが盲目の学者に挑戦 池松壮亮&橋本愛らと日米合作映画 

『そして父になる』『凶悪』で各映画賞を総ナメしたリリー・フランキーが盲目の貝類学者の主人公を演じ、寺島 しのぶ、池松壮亮、橋本愛といった豪華キャストが共演する、日米合作映画『シェル・コレクター』の製作が決定した。


原作は、アメリカのアンソニー・ドーアの同名短編。同名処女短編集でO.ヘンリー賞他多くの賞を受賞したアンソニー・ドーアの初の映画化となる。
貝類学の世界で名を成した学者は、妻、息子と離れ、沖縄の離島で厭世的生活を送っている。ある日、画家のいづみが島に流れ着き、いづみが患っていた奇病を偶然にも貝の毒で治してしまったことから、学者の生活に異変が訪れる。

監督は、デビュー作『美代子阿佐ヶ谷気分』がロッテルダム映画祭タイガーアワードコンペ部門に出品され、イタリア・ペサロ映画祭、シネマ・デジタル・ソウル映画祭などで受賞を重ねた坪田義史。原作に惚れ込んだ坪田監督が、原作の設定を沖縄の離島に置き換えて描く。

主演のリリー・フランキーが演じるのは、妻子と離れ、離島でひとり厭世的生活をおくる盲目の貝類学者。盲目の学者という難役をどう演じるのか、注目が集まる。
そのほか、島に流れ着き学者と同居生活を始める画家いづみを寺島しのぶ、貝類学者の息子・光役を池松壮亮、いづみと同じ奇病に冒された島の有力者の娘・嶌子役を若手実力派女優・橋本愛が演じる。

原作、脚本を呼んだリリー・フランキーは「日本映画には珍しい絵画的なユニ ークな作品になると思い、出演を決めました」と話す。「演じる主人公は盲目ですが、『見える=自由』『見えない=不自由』 といった単純な図式では計れないものを、盲目の貝類学者を演じることで表現できればと思います。各世代の飛び抜けた共演陣の方々と一緒に、沖縄の自然の力を借りて撮影を楽しんでいます」とコメントしている。

映画はオール沖縄ロケで2月上旬クランクアップ予定、2016年公開予定。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top