関ジャニ∞・渋谷すばるがオランダで単独ライブ決行 海外メディア「ジャスティン・ビーバーのよう」

2月14日(土)公開の映画『味園ユニバース』が、1月21日(現地時間)よりオランダ・ロッテルダムで開催中の「第44回ロッテルダム国際映画祭スペクトラム部門」に正式出品され、本作で初の単独主演を飾った渋谷すばると山下敦弘監督が22日(現地時間)に行われた公式上映と舞台あいさつに参加した。

海外映画祭初参加となる渋谷は「こんにちは。渋谷すばるという日本人です。今日はロッテルダムに招いて頂いて本当に嬉しいです。僕は日本で関ジャニ∞というグループで活動しています」と英語であいさつ。「お芝居のこととか上手く語ることは来ないけど、この作品が大好きで見てもらえて嬉しくて、言葉ではうまく喋りつくせないので…。終了したら、ここに来てくれた方のために 感謝を込めて歌います」と宣言し、単独ライブを決行。

この日のために用意した関ジャニ∞と書かれた特注のTシャツを着た渋谷は「メンバーはいないですが、関ジャニ∞代表としてきたというつもりで、このTシャツを着させていただきました」と気合十分で挑み、ビリー・ジョエルの「ピアノマン」のカバーからスタート。「Piano man」の部分を「Japanese man」に変えたり、ロッテルダムの名前を入れるなど、歌詞にアレンジを加え、観客の心を一気に掴んだ。
その後、本作の主題歌である「ココロオドレバ」「記憶」を熱唱。圧倒的な歌唱力をもつ渋谷の姿に魅了され、観客は総立ち。嵐のようなスタンディングオベーションが巻き起こった。

観客とのQ&Aでは「いつか関ジャニ∞でもヨーロッパに来てほしい」との要望を受け、「一人で映画に出させてもらったり、ロッテルダムに呼んでもらったことが、これから関ジャニ∞で来ることのきっかけになれば良いと思っているので、今回うれしく思っています。是非また呼んでください」と関ジャニ∞の海外公演実現に期待を寄せた。

この模様が海外メディアからは「ジャスティン・ビーバーのようだ」と取り上げられ、世界的に有名な映画評論家のトニー・レインは「ミュージシャンから俳優になって成功する人は少ないが、渋谷すばるはそのジンクスを破ってくれるかもしれない。山下監督はこのように“Bad Boy”を描くのがとてもうまく、心に響いた」と絶賛した。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top