スパガ・溝手るか、初のソロライブ開催 “スパガ封印”で伸びやかな歌声を披露

SUPER☆GiRLS・溝手るか

アイドルグループ・SUPER☆GiRLSの溝手るかが18歳の誕生日を迎えた25日、DDD青山クロスシアターにて初のソロライブ「溝手るか 18th 生誕祭 〜The origin of the music〜」を行った。


SUPER☆GiRLSでは、メインボーカルを担当しており、以前から自身の夢は「シンガーソングライターになること」と公言している溝手。昨年2014年1月25日の誕生日に、「ソロライブを実現したい!」とブログに書いたことがキッカケで、今回1年ごしの夢が実現した。

初となるソロライブは、スポットライトが当たる中でAlicia Keysの楽曲「If I Ain’t Got You」のピアノ弾き語りからスタート。伸びやかに歌い上げる姿は、普段のSUPER☆GiRLSでの可愛く元気な等身大の18歳の姿とは違い大人っぽく、観客も吸い込まれるように静かに熱い視線を送った。

この日のライブは、ライブタイトルに〜The origin of the music〜とあるように、溝手るかのルーツがテーマ。
2曲目には溝手が生まれた1997年の楽曲である川本真琴の「1/2」。3曲目は、自身が初めてミュージカルを見た際に、歌とダンスと演技が融合して凄く感度したことを振り返り、その時に見た「マンマミーア」の楽曲を披露した。

SUPER☆GiRLS・溝手るか溝手は「昨日の夜寝るとき、朝起きて夢だったらどうしようと思うくらい、このソロライブは夢のような出来事です」と、しみじみ。ファンやスタッフへの感謝の気持ちを述べると、続けて「
いつでも応援しているからね!と言ってくれる両親がいてくれるから、私はここで歌えていると思います」と話し、両親との思い出の曲を披露。
大好きなお母さんがいつも聞いていたという楽曲、aikoの「初恋」、そして溝手が大阪から上京してから毎日メールをくれるというお父さんとの思い出の楽曲、浜田省吾の「もうひとつの土曜日」を心を込めて歌いあげた。

アンコールでは溝手がステージに再登場すると、ファンからのサプライズで会場全体が溝手の大好きなヒマワリの花で埋め尽くされ、さらに溝手の創ったキャラクターである“るかくま”の描かれた誕生日ケーキも登場するなど、心温まる一幕も。

最後は、このソロライブを記念して自身が初めて作詞に挑戦した楽曲「always」でライブを締めくくった。
最後に、これからも皆さんの前で歌い続けていたいと話した溝手は、「私ここで宣言しようかな!」と切り出し「また、ソロライブやりたいです!ではなく、ソロライブやります絶対!あ、でもこれはあくまで私の宣言で、何も決まってないんですけど。。。いつかは私の地元の大阪でもできたらいいなと思ったりもしています。」と強い決意を語った。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top