ジョニー・デップ来日 婚約者と手を繋いで羽田に到着

米俳優ジョニー・デップが26日、羽田空港国際線旅客ターミナルに到着。2013年7月の『ローン・レンジャー』以来1年6ヶ月ぶり11度目の来日を果たした。


ジョニー・デップは今回、最新主演作『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』のPRのため来日。明日27日に都内で開催される同作のジャパン・プレミアと記者会見に出席する。

この日、空港にはジョニー・デップを出迎えようと、朝8時から100人以上のファンが待機。到着時刻の19時にはその数は約1000人に膨らみ、ロビーから溢れんばかり。映画の主人公チャーリー・モルデカイ風のちょびヒゲを付けた熱心なファンの姿も見られた。

婚約者の米女優アンバー・ハードと手をつなぎながらデップが姿を現すと、周辺は「ジョニー!」「I LOVE YOU!!」「おかえりなさい!」という悲鳴にも似た歓声に包まれ、騒然となった。親日家で知られるジョニー・デップは集まったファンに丁寧に握手やサイン、笑顔で記念撮影に応じ、列の中に小さな女の子を見つけると、目線に合わせて膝をつくなど、相変わらずのファンサービスぶり。この夢のような瞬間を前に泣き出す女性ファンの姿も。
デップは「ヒゲをつけた子供がいっぱいいて可愛かった。日本のファンはみんなスィートだね!」とご機嫌で空港を後にした。

映画『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』は、2月6日(金)よりTOHOシネマズ スカラ座ほか全国で公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top