「アンフェア」シリーズ完結編製作決定 現AKB向井地美音が美央役で再び登場

2006年1月期に連続ドラマとしてスタートし、2007年3月に劇場版『アンフェア the movie』、2011年9月に『アンフェアthe answer』と映画化されてきた「アンフェア」のシリーズ完結編となる『アンフェア the end』の製作が決定した。


劇場版第3弾となる本作はタイトルに「the end」とある通り、10年に及ぶ謎のすべてが明らかとなる「アンフェア」シリーズの完結編。
篠原涼子演じる、検挙率ナンバーワンの敏腕であり、過去に犯人を射殺した経験のある唯一の刑事・雪平夏見が主人公の同シリーズ。前作で元夫・佐藤和夫の死と引き換えに、国家を裏で操る秘密組織の機密データを手に入れた雪平夏見が、再び警視庁捜査一課へと戻り、ついに反撃に出る。
持ち前の鋭い嗅覚と型破りな手段で、いよいよ最後の敵へと迫っていく雪平。そして彼女が刑事になったきっかけともいえる、父親殺しの真犯人の正体もついに明らかになる。

「アンフェア」篠原涼子2前作から引き続き、メインキャストである篠原涼子、佐藤浩市、阿部サダヲ、加藤雅也、寺島進らが出演するほか、ドラマ放送当時、子役として雪平夏見の娘・雪平美央役を演じていた向井地美音の出演も決定。現在はAKB48として活躍する彼女が大きく成長した姿も楽しみだ。
また、物語をさらなる謎に導く、最終章を飾る大物キャストもキーマンとして登場するとのことなので、続報をお楽しみに。

「雪平夏見という役は自分を成長させてくれた本当に大切な役」と語る篠原。「タイトルにもあるとおり、『the end』ということで今回で本当に物語が終わってしまいます。私も後悔のないよう、全力で雪平夏見を演じたいと思っておりますので、皆さん、期待してお待ち頂けると幸いです」と意気込んでいる。

『アンフェア the end』は2015年秋全国で公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top