斎藤工が初監督を務めた大橋トリオMV「完全版」が公開

大橋トリオ「PARODY」MV

斎藤工が初監督を務め、その豪華な出演陣も話題になっている大橋トリオの最新アルバム『PARODY』のミュージック・ビデオ。そんな注目の映像の完全版が公開された。



先日公開された3本のミュージック・ビデオ(男たち編/楽曲「CherryPie」、親子編/楽曲「Parody」、少女編/楽曲「サリー」)は、どちらかというと大橋トリオの新曲を聴きながら見る側の想像力を駆り立てる構成だったのに対し、本日公開された「完全版」はまさに良質なMUSICショートムービー。
村上淳演じるマスターの行動の真意は……そして悪党達と少女の関係は……前回までの映像では謎だったストーリーの真相が明らかとなる。

大橋トリオの約2年ぶりとなるオリジナルアルバム『PARODY』は本日1月28日発売。
大橋トリオ第二章とも呼べるような、実にバラエティーに富んだ内容。気鋭のトラックメーカーmabanuaとの共同制作曲も多数収録し、これまでのJAZZやROCKのテイストを出しながらも更にロカビリー、FUNK、カントリー、ネオアコースティック、シティーPOPSなどなどトリオ流のジュークボックス的作品に仕上がっている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top