片平里菜が『はじまりのうた』劇中歌「LOST STARS」を弾き語りカバー

片平里菜

2月7日(土)に公開される映画『はじまりのうた』。本作の劇中歌で本年度アカデミー賞®の歌曲賞にもノミネートされている「LOST STARS」を若手女性シンガーソングライターとして注目される片平里菜がカバー。その弾き語り映像が公開された。



映画はニューヨークを舞台に、愛、家族、仕事、夢…様々な悩める人々が音楽を通じて人生の新たな一歩を踏み出す模様を描く、ハッピーで元気をもらえる物語。
『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで一躍トップスターに仲間入りしたキーラ・ナイトレイが主演、アカデミー賞®受賞『ONCE ダブリンの街角で』で世界的に注目を集めたジョン・カーニーが監督を務める。

今回、片平がカバーした「LOST STARS」は劇中のグレタ(キーラ・ナイトレイ)が恋人のデイヴ(アダム・レヴィーン)へクリスマスプレゼントとして贈ったもので、純粋に音楽を愛するグレタが、同じく音楽を愛する彼への想いを綴った特別な一曲。映像ではゆっくりと丁寧に歌いながら並べられる歌詞も印象的だ。
本作に深く共感し、冒頭から涙が止まらなかったと語る片平が、切なさ溢れる美声で歌い上げる姿は、まるでキーラ・ナイトレイ演じるグレタがそこに投影されたかのような映像になっている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!


Top