映画「ドラえもん」ゲスト声優に爆問・田中、観月ありさ、市村正親

『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』にゲスト声優として田中裕二(爆笑問題)・観月ありさ・市村正親が出演することがわかった。


観月ありさ 、田中裕二、市村正親今年で35周年を迎える“映画ドラえもんシリーズ”の最新作となる本作は、ドラえもんとのび太が本物のヒーローとなって宇宙海賊に滅ぼされそうな星を救うストーリー。誰にでも自分の得意なこと、個性があって、誰でもヒーローになることができる!そんなメッセージが込められた作品となっている。

3人が演じるのはドラえもんたちの前に立ちはだかる悪の宇宙海賊役。
爆笑問題の田中裕二は、宇宙海賊の頭脳であり、首領には頭が上がらないが、部下にはとても厳しい、ズル賢いけど何故か憎めない宇宙海賊・ハイド役を演じる。
過去にはハリウッド映画『モンスターズ・インク』などでも声優の経験がある田中は、アフレコについて「いまだに慣れないというか、苦手でもある」と謙遜しつつも、「今まで演じてきたキャラクターと今回演じるハイドが、違ったキャラクターになればと思います」とコメント。

本作が声優初挑戦となる観月ありさが演じるのは、宇宙海賊の紅一点、体を自由自在に液体にできる男勝りで激しい気性の女海賊・メーバ役。監督からは「セクシーさと激しさを声で表現してほしい」と言われたようで、「自分の声が入った作品がどうなっているのか、私自身完成が楽しみです」と期待を寄せる。

市村正親は最後までその姿が謎のベールに包まれている、彼らを束ねる宇宙海賊の首領、イカーロス役。「記憶に残る悪役としての雰囲気を出せていれば」と話し、「一緒に映画を観に行くのが楽しみと自分の息子が言ってくれているのも嬉しい」と、今から公開を心待ちにしているようだ。

『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記』は3月7日(土)公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top