レッドカーペット・ナビゲーターの斎藤工が注目する作品は? <第87回アカデミー賞授賞式>

2月23日(現地時間2月22日)に行われる映画界最大の祭典「第87回アカデミー賞授賞式」。その模様を生放送するWOWOWで番組の案内役を務めるジョン・カビラ、高島彩、そしてレッドカーペット・ナビゲーターに就任した俳優の斎藤工が、今回のアカデミー賞の見どころ、注目する作品、俳優について語った。


今回、作品賞にノミネートされた10本の中で、斎藤が注目するのはデイミアン・チャゼル監督の『セッション』だという。斎藤は「『6才のボクが、大人になるまで。』の評価は高いと思いますが、個人的には、『セッション』を観たばかりなので印象が強いですね。ショックを受けました。『セルマ(原題)』が入ったのも今のアカデミー賞らしいですね」とコメント。

一方、高島が注目するのは、4人の俳優たちが同じ役を12年間演じ続けたということでも話題を集めているリチャード・リンクレイター監督の『6才のボクが、大人になるまで。』。ゴールデン・グローブ賞で作品賞(ドラマ)を受賞した、このオスカーの本命作に、高島も「ノミネーション前から予想していたので、ノミネートされて本当にうれしいですね。大きな出来事があるわけではないのに、彼らの12年間をまるで親戚のように見守ることができる映画だと思います」とコメント。他にもベネディクト・カンバーバッチ主演の『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』にも注目しているとのことだ。

続くカビラも「『6才のボクが、大人になるまで。』は確かに評価は高いですが、個人的には『グランド・ブダペスト・ホテル』のノミネートがうれしかったですね。メイキング映像を観ると、出演する俳優たちが監督をリスペクトしていることが分かる。マジカルな瞬間、ムービーマジックがある作品だと思います」と付け加えた。

また、今回は長編アニメ映画賞に高畑勲監督の『かぐや姫の物語』がノミネートされているのも注目のポイント。
高島が「筆で描いたようなやさしいタッチと、日本最古の物語とも言われる『竹取物語』がアニメとなり、それが世界で評価されるということは本当にうれしいこと。日本の文化への評価は高いんじゃないかなと感じましたね」」と話すと、斎藤も「もちろん僕も『かぐや姫の物語』に取ってほしいという気持ちはあります。宮崎駿さんが名誉賞を取って、高畑勲さんが長編アニメ映画賞を取るという場面があるといいですね」と期待を寄せた。

・生中継!第87回アカデミー賞授賞式

 WOWOWプライム
 2015年2月23日(月)午前9:00 [同時通訳]/夜9:00[字幕版]

<関連番組> (すべてWOWOWプライム)

・ノミネーション徹底紹介! 第87回アカデミー賞(無料放送)
 2月7日(土)午後2:00 ほか
・もうすぐ授賞式! 第87回アカデミー賞のみどころ(全7本予定/無料放送)
 2月11日(水・祝)午前9:20 ほか
・直前大予想! 第87回アカデミー賞(無料放送)
 2月21日(土)午後2:00 ほか



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top