三谷幸喜監督初のSF作品で香取慎吾&綾瀬はるかが宇宙人夫婦役

三谷幸喜&綾瀬はるか

三谷幸喜監督待望の最新作『ギャラクシー街道』の製作が決定し、主演をSMAPの香取慎吾、ヒロインを女優の綾瀬はるかが務めることが明らかとなった。



本作は三谷映画史上初の“宇宙”が舞台。登場人物は全員宇宙人の、SF映画史上最も笑える、宇宙人だらけの三谷流スペースロマンティックコメディとなっている。

映画は西暦2265年、木星のそばに浮かぶスペースコロニー(宇宙空間に作られた人工居住区)「うず潮」と地球を結ぶスペース幹線道路「ギャラクシー街道」が舞台。開通して150年が経ち、かつては交通量も多く、沿道にもたくさんの飲食店が並んでいたギャラクシー街道も老朽化が著しく、そろそろ廃止の噂も聞こえる。そんなギャラクシー街道の脇に佇む、小さな飲食店を舞台に、そこで働く人々と、客たちが織りなす、宇宙人模様が三谷流に描かれる。
また、本作では「スタジオのセットで作る、手作り感満載の宇宙が見てみたい!」という三谷監督の希望によって、CGは使わずに、東宝スタジオに宇宙空間を丸ごと制作予定だという。

「SFは絶対いつかやってみたかったジャンル」と語る三谷監督。「ロマンチックコメディをやってみたかったのですが、普通の恋愛モノでは面白くない。そこで舞台を宇宙にしてしまおう!と思いつきました」と本作の製作の経緯を明かす。

主人公の宇宙人・ノア役を演じるのは『THE 有頂天ホテル』『ザ・マジックアワー』などの三谷作品に参加している香取慎吾。そしてノアの妻・ノエ役には数々の人気ドラマで主演を務めてきた女優の綾瀬はるかが決定した。

香取は「久しぶりの三谷映画の出演にワクワクしています!スペースロマンティックコメディ?! なんだそれは!という感じです。三谷さん初めてのSFもの、どんな映画になるのか、撮影が楽しみです!」とクランク・インを心待ちにしている様子。
三谷監督作品には『ザ・マジックアワー』以来の出演となる綾瀬も「三谷監督とは7年ぶり、香取さんとは6年ぶりにご一緒させて頂きますが、奇想天外な三谷さんの作品、今からとても楽しみです!」と期待を寄せている。

撮影は、3月にクランクインし、2015年10月公開予定。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top