菅田将暉、城田優らイケメン俳優陣が出演 福田雄一監督最新作の舞台はホストクラブ

「明烏 あけがらす」

ドラマ『アオイホノオ』『勇者ヨシヒコ』シリーズ、映画『HK/変態仮面』などヒット作を生み出してきた福田雄一監督の最新作『明烏 あけがらす』が5月16日に公開されることが決定した。



本作はホストクラブを舞台に、借金返済に追い込まれるホストと頼りにならない仲間たちの12時間を描いたコメディ映画。福田監督作品に初出演となる菅田将暉、城田優、若葉竜也ら若手実力派俳優たちがホスト役を演じる。

「明烏」主演の菅田将暉が演じるのは、借金返済で追い込まれていく指名ゼロの最下位ホスト・ナオキ。同僚のホスト達には、城田優、若葉竜也、柿澤勇人、松下優也。ヒロインは福田監督がオーディションで即決したという吉岡里帆。
さらに福田組の常連からムロツヨシがホストクラブ「明烏 あけがらす」を仕切る渋い店長役で、佐藤二朗がナオキの父親役で出演し、脇を固める。

キャスティングについて福田監督は「僕の作品に出演したいと言ってくれてたキャストが集まってくれたのが嬉しかった。今回は、長回しのシーンが多いので役者さんの力量が出てしまいやすいなかで、みんなが楽しんで、素晴らしい演技を披露してくれました」とコメントしている。

次々に繰り出されるアドリブや自由 度の高い演技の応酬に、リハーサル時はしばしば撮影スタッフも堪え切れずに笑ってしまうほどだったという撮影現場。
主演の菅田将暉は「素晴らしい特等席でムロツヨシさん、佐藤二朗さんら怪物だらけの福田組で、ただひたすら毎日爆笑したいという僕の夢が叶いました。大感謝です。かつてないほど短期間で一気に撮り上げた作品ですが、永く愛すべき作品になりました」と福田組参加の喜びを語っている。

また、主題歌には4人組ロックバンド[Alexandros]の「ワタリドリ」(3月18日発売)が決定。[Alexandros]は初めての映画主題歌担当となる。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top