SKE48・松井珠理奈、笑顔の絶えないグループ目指す「次の作品は“アイドルの笑顔”に」

舞台あいさつを行ったSKE48

2月27日に公開を迎える『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』の完成披露上映会が15日、都内で行われ、舞台あいさつにSKE48のメンバーと石原真監督が登壇した。


本作はAKB48 一番目の姉妹グループとして2008年に結成されたSKE48初のドキュメンタリー映画。結成以来撮り続けられてきた膨大な記録映像はもちろん、今作品のために新撮された現役メンバーや卒業生など総勢40名を超える単独インタビューも見どころとなっている。

グループ発足から6年半の間に在籍したメンバーは125人。すでに72人が卒業、または卒業を発表していることになるが、石原監督は本作を「おそらく皆さんも卒業生の呪縛があると思うので、その呪縛を一回解き放って新しいSKEに生まれ変わるための作品」と位置づけ、「SKEのスピリッツはどうやって生まれたのか、それがどう継承されていったのかというところに主眼をおいた」と説明した。

この日の舞台あいさつに登壇したSKE48のメンバーは大矢真那、松井珠理奈、須田亜香里、江籠裕奈、古畑奈和、東李苑、北川綾巴、惣田紗莉渚の8人。

150215ske9完成した映画を観た松井珠理奈は「あの当時はすごくつらかったこととか悔しかったこともあったんですけど、今見るとみんながすごいキラキラ輝いていて、これから先も大変なことがあると思うけど、それをいつか見た時にはキラキラ感じられるんだなと思った。メンバーが見ても勇気がもらえる映画」と感想を語った。

3期生の須田亜香里は「私の好きなSKE48だったり、私が早く認めて欲しくてがむしゃらに追いかけ続けてきた先輩たちの日々が詰まっている。それを見られたのが私にとってすごく大きい」と話し、「最近、後輩がすごく頼もしくなってきたのを見た時に、私も後輩に譲らなくてはいけないのかなと卒業を考えた時期もあった」と告白。「でも、私が先輩の背中を見てきたからこそ、後輩にこれからも教えられることもあるのかな」と心境の変化を明かした。

また、前シングル「12月のカンガルー」でセンターに抜擢された6期生・北川綾巴は「この映画だけじゃなくて、次の作品へ繋げられるように、私もSKEの新しい歴史を作っていけるような人にならなきゃなと思わされました」と決意を新たにしていた。

最後に松井珠理奈は「今回、6年間を1つの作品にまとめていただいたんですけど、もっともっと知ってほしいところもたくさんあるので、第2弾があったらいいなと思っています」と続編の製作に期待を寄せ、「今回は『アイドルの涙』というタイトルなので、もし第2弾ができるとしたら『アイドルの笑顔』というタイトルになるくらい、笑顔の絶えないSKE48をこれからファンの皆さんと一緒に作り上げていけたら」と、ファンに約束して舞台あいさつを終えた。

なお、3月31日発売の17thシングルに収録される本作の主題歌「僕は知っている」の歌唱メンバーも本日をもって解禁となっている。

主題歌「僕は知っている」歌唱メンバー

阿比留李帆、石田安奈、磯原杏華、内山命、梅本まどか、江籠裕奈、大矢真那、加藤るみ、北川綾巴、木本花音、後藤理沙子、小林亜実、斉藤真木子、佐藤実絵子、柴田阿弥、須田亜香里、高柳明音、中西優香、二村春香、古川愛李、古畑奈和、松井珠理奈、松井玲奈、松村香織、宮澤佐江、宮前杏実、矢方美紀

『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』

2015年2月27日(金)公開
企画:秋元 康
監督:石原 真
出演:SKE48
©2015「DOCUMENTARY of SKE48」製作委員会
公式サイト:www.2015-ske48.jp



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top