小松菜奈×菊地凛子のW主演で綿矢りさ「夢を与える」ドラマ化

芥川賞作家・綿矢りさの小説「夢を与える」が、小松菜奈と菊地凛子のW主演で初連続ドラマ化されることが決定した。


美しく健やかに育った主人公が、華やかな芸能界で成功しながらも、彼女に過剰な思い入れを持つ母親、芸能プロダクション、CMクライアント、広告代理店、テレビ局の人々の欲望の渦に巻き込まれていく。友情、恋愛、裏切り、母娘の葛藤―。現実社会をほうふつとさせるようなスキャンダルに巻き込まれながらも、強く成長していく主人公の姿をビビッドかつ繊細に描いていく。

「連続ドラマW 夢を与える」キーカット監督を務めるのは、ギャラクシー賞2014年11月度月間賞を受賞した「連続ドラマW グーグーだって猫である」、映画『のぼうの城』の犬童一心。
娘に夢を託す元モデルの母・阿部幹子を菊地凛子が、スターの座に上り詰めるも、やがて転落していく美しい娘・阿部夕子を小松菜奈が演じる。

脚本を呼んだ小松は「不思議と私と夕子は『ちょっと考えが似ているかも』と思わされる部分があった」と役に共感を寄せ、「信じていた人達にどんどん裏切られていく中、夕子は最後まで1人で戦ってかっこいいなとも思いました。そんな夕子を演じられるのが嬉しいです」と出演を喜ぶ。
女優デビュー作となった映画『渇き。』で数々の映画賞新人賞を受賞した小松だが、「また新たな役を演じるのにわくわくしています!」と意欲を燃やしている。

一方、『バベル』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、『パシフィック・リム』など、ハリウッドでの活躍も目覚しい菊地は、「大きな子がいる母親役は今回初めて」だという。「母性はありながらも、娘を自分の思いのままにしていこうとする役柄です。彼女の神経質な部分を楽しんで演じています」とコメントを寄せている。

ドラマはWOWOWプライムにて5月放送予定。

土曜オリジナルドラマ 「連続ドラマW 夢を与える」

2015年5月 放送予定  毎週土曜 夜10:00
原作:綿矢りさ「夢を与える」(河出文庫)
監督:犬童一心 (『ジョゼと虎と魚たち』 『のぼうの城』「連続ドラマW グーグーだって猫である」)
脚本:髙橋泉 (『ソラニン』 『凶悪』)
音楽:上野耕路 (『ヘルタースケルター』 『のぼうの城』 『マエストロ!』)
出演:小松菜奈 菊地凛子
太田信吾 永岡佑 陰山泰 / 真剣佑 濱田龍臣 谷花音 ・ 田中泯
夏帆 / 浅野和之 / オダギリジョー
特設サイト:wowow.co.jp/dramaw/yume/



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top