岡田准一&阿部寛&尾野真千子が日本映画史上初めての挑戦

阿部寛&尾野真千子

夢枕獏の小説「神々の山嶺」を実写化する映画『エヴェレスト 神々の山嶺』の主要キャストが発表された。


世界最高峰の山に魅せられた2人の男、その男たちを待つ1人の女性、彼らの交錯する人生を軸に、厳しい山嶺に命を懸けて挑む人々の姿と強い想いを壮大なスケールで描く本作。

カトマンズであるカメラを見つけたことで、伝説のクライマー羽生と出会い、次第に自らも人生を賭けてエヴェレストに挑むこととなる山岳カメラマン・深町誠には、岡田准一。天才的な才能を持ちながらも、その独善的な生き方で孤立し、消息を絶ったままとなっていた伝説のクライマー・羽生丈二には、阿部寛。羽生を慕っていた兄を雪山で失い、その人生を狂わされながらも、彼を愛しその帰りを待ち続けている女性、岸涼子に尾野真千子が決定した。3人は本作が初共演となる。

すでに撮影準備は始まっており、3月よりネパールほか、日本映画史上初となるエヴェレストでの撮影を開始予定。全体で約4か月の撮影期間の中で、各キャストも通称エヴェレスト街道を高度順応しながら10日間かけて登り、高度6000M付近での撮影を行う予定。
今回発表となった主要キャスト3人もそれぞれが山岳練習を積みながら、実際にネパールでの撮影にも挑む。

阿部寛は「映像化が難しいと言われている原作の映画化。実際に高所での撮影を敢行し、できる限りリアルを追及するこの作品に参加できてうれしい」とチャレンジに意欲的。尾野真千子は「エヴェレストでの撮影きっと大変だと思います。でも、あの山に登る意味がある作品にしたいです。なぜ登るのか….自分自身にも問いかけながらこの作品に臨もうと思います」と気を引き締めている。
原作「神々の山嶺」は大好きな作品だという岡田准一は「平山監督をはじめとするスタッフの皆様、初めて共演させていただく阿部さん、尾野さん、キャストの皆様ともに過酷な撮影を楽しみ、しっかり体験していきたいと思います」と意気込みを語った。

映画は2016年公開予定。

映画『エヴェレスト 神々の山嶺』
出演:岡田准一、阿部寛、尾野真千子 ほか
監督:平山秀幸
脚本:加藤正人
原作:夢枕獏「神々の山嶺」(角川文庫・集英社文庫)
製作:『エヴェレスト 神々の山嶺』製作委員会
配給:東宝、アスミック・エース
(C)2016『エヴェレスト 神々の山嶺』製作委員会
公式サイト:http://everest-movie.jp/



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top