斎藤工監督のショートフィルム「半分ノ世界」が国際エミー賞ノミネート

斎藤工

俳優の斎藤工が監督を務めたオリジナルショートフィルム「半分ノ世界」が、2015年の国際エミー賞デジタル部門「デジタル・プログラム:フィクション」にノミネートされたことが19日、発表された。



「半分ノ世界」はスマートフォン向け総合エンタメアプリ「UULA」と「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(略称:SSFF&ASIA)」が、新進気鋭の若手映画監督の発掘を目的に立ち上げた共同プロジェクトによって生まれた作品。
斎藤工が大橋トリオのヒット曲「HONEY」から受けたインスピレーションを映像化したもので、昨年の「SSFF&ASIA」でも公式上映され、高い評価を得ていた。

エミー賞は1949年から運営されている、優れたテレビ番組に与えられる賞。今年で10回目を迎える国際エミー賞デジタル部門は、作品が企画・制作された背景やコンセプトのほか、プラットフォームやフォーマットなどの視聴方法、視聴機能など、ユーザーに対して新しい体験を与えているか、制作面で新たなチャレンジをしているかといった点を総合し、功績のある作品に対して贈られる。

「半分ノ世界」

「半分ノ世界」

今回のノミネートにあたり、斎藤は「俳優業の傍らでの制作でしたがショートフィルムであるって事や内容等はこちらから持ち込めたりと環境的に理想的でした。今回のプロジェクトに心から感謝しています。そんな私のわがままに対し、才能を分けてくださった全ての方々にまだ何も恩返し出来ていないので、今回の事がそれに値したら幸いです」と喜びを語っている。
また、「本業はあくまで役者ですし、監督業をバリバリやっていくつもりはありませんが」と前置きしたうえで、「今後も色々なクリエイター方と感謝を忘れず、多面的なコラボレーションをしていきたいです」と次回作へ向けて意欲を語った。

同プロジェクトを企画したエイベックス・デジタル株式会社の村本理恵子氏も「日頃よりデジタル配信という新しい領域で、新たなクリエイターを発掘すべく取り組んできたことが、世界的な評価をされてとても光栄です」とコメントしている。

ショートフィルム「半分ノ世界」は現在もスマートフォン向け総合エンタメアプリ「UULA」にて配信中。
http://uula.jp/sp/ssff/



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top