「第9地区」の監督が描く人工知能“AI” 「チャッピー」予告編解禁

『第9地区』(’10)『エリジウム』(’13)と未知の体験に誘い続けるニール・ブロムカンプ監督の新作『チャッピー』の日本版オリジナル予告編とポスタービジュアルが公開された。


今回公開された予告編は、2016年―南アフリカ ヨハネスブルグから始まり、世界で初めて人工知能を搭載された兵器ロボットが、“チャッピー”と名づけられ、子供のような心で感じていく姿を映しだしている。
初めて見る牛乳をこぼし、TVアニメを見てヒーローを真似するかと思えば、車の運転 を素早く習得、デッサンも楽々こなすなど急速に成長していく。だが、その姿を見た研究者たちは「考えるロボットは人類の敵」とチャッピーを追いつめていくことに…。
彼の成長は人類の理想なのか—。「僕は生きたい」と、純粋無垢な心をもったチャッピーが叫んだ先には、どんな運命が待っているのか…。

映画『チャッピー』ポスタービジュアル同時解禁となった日本版ポスターは、壁に落書きをするチャッピーの後ろ姿をとらえたもの。お父さん、お母さん、そしてチャッピー(自分自身)と、ほのぼのとした家族の姿を描く彼の足元にはマシンガンが置かれ、純粋なAIを持ちつつ兵器ロボットとして生まれた宿命を暗示しているかのようだ。

映画『チャッピー』は3月4日全米公開、日本では5月23日より全国で公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top