「アンフェア」完結編に永山絢斗&EXILE AKIRAら新キャスト

『アンフェア the end』に出演する永山絢斗&AKIRA

ハードボイルド&サスペンス路線で人間や社会の暗部を深く捉え、予測不可能で巧妙なストーリーが人気を博した「アンフェア」シリーズ完結編となる映画『アンフェア the end』の追加キャスト陣が20日、発表された。



これまで瑛太、江口洋介、山田孝之と数々の豪華男性キャストとタッグを組んできた篠原涼子演じる雪平だが、今回雪平の協力者となり国家の謀略を暴こうとするシステムエンジニア、津島直紀役にTVドラマシリーズで雪平の相棒・安藤一之を演じた瑛太の実の弟、永山絢斗が決定。
プロデューサーは「10年前の瑛太さんとの因縁を感じるが、今の永山さんにしか表現できない演技でナイーブな役を魅力的に演じてくれている」と太鼓判を押す。
役者デビュー前、高校生の頃にTVドラマを見ていたという永山は「そのシリーズにまさか自分が関わることになるとは思っていなかったのでびっくりしています」と驚きを露わに。主演の篠原について「これまでリハーサルでお話ししたり、事前の台本読みなどでもお会いしましたが、現場で初めてロングコートを着て、話している姿が僕も知っているカッコいい雪平さんだったので、なんだか嬉しかったです。」と印象を語り、「現場を離れて普段お話しするときには、すごく優しい方で、まるで子供のように扱われてます(笑)」と現場の雰囲気を伝えている。

本作のキーとなる人物で最高検察庁監察指導部である武部将臣役にはEXILEのAKIRA。前作の黒幕・山田孝之演じる村上検察官の殺人事件に端を発する国家権力の闇に迫っていく。
EXILEのダンサーとして活躍する一方、俳優としての実績を着実に積み上げているAKIRAには、「アンフェアという世界観の中で、最高検のエリートという今までにない役柄をどのように演じて頂けるか、楽しみでならない」と制作陣の期待も大きい。
作品への参加についてはAKIRAも永山同様に「10年間も続いている『アンフェア』シリーズに参加してその世界観に自分が入っていくっていうのは嬉しい反面不思議な気持ちもあります」と率直な想いを吐露。それでも「一人一人のキャラクターが濃くて素晴らしいので、そこに参加できるだけですごくワクワクしています」と出演を喜び、「作品同様にとても振り幅のある役になっていると思いますので楽しみにしていただければ幸いです」とアピールしている。

また、雪平と津島を追いつめる検察庁の特捜部長役には吉田鋼太郎が決定。仲間の検察官を立て続けに殺され、立場上から村上親子殺しの犯人を挙げる為に執念を燃やす。

『アンフェア the end』は9月5日公開。

「アンフェア the end」

原作:『推理小説』秦建日子(河出書房新社)
監督:佐藤嗣麻子(『アンフェア the answer』『K20怪人二十面相・伝』、『エコエコアザラク』)
脚本:佐藤嗣麻子(『SPACE BATTLESHIPヤマト』、ドラマ『独身貴族』、ドラマ『宮本武蔵』)
制作プロダクション:共同テレビジョン
配給:東宝
キャスト:篠原涼子 永山絢斗 阿部サダヲ 加藤雅也 向井地美音 吉田鋼太郎 AKIRA 寺島進 佐藤浩市
撮影時期:2015年1月20日(火)都内にてクランクイン
公開時期:2015年9月5日公開
©2015 関西テレビ放送/フジテレビジョン/ジャパン・ミュージックエンターテインメント/東宝/共同テレビジョン



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top