• フォトレポート
  • TOKYO POP LINEならではの高解像度写真満載でお伝えするレポート記事

[Photo Report] 乃木坂46、西武ドームで前代未聞の7時間ライブ!全68曲+新曲披露

乃木坂46のデビュー3周年を記念した「乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVE」が22日、埼玉・西武ドームで開催された。


デビューからライブ開催時までに発表された全楽曲を披露することが恒例となっている乃木坂46のバースデーライブ。今年はこれまでにリリースしたシングル10枚とアルバム1枚に収録されている68曲に3月18日リリースの新曲「命は美しい」を加えた全69曲を約7時間半をかけてパフォーマンスした。

乃木坂46初のドームライブに詰めかけたファンは約3万8000人。半野外とあって真冬の冷たい空気が流れこむ西武ドームだが、オープニング恒例の「OVERTURE」のあと、1stシングル「ぐるぐるカーテン」にのせてメンバーがステージに姿を現すと、割れんばかりの大歓声に包まれた会場はたちまちヒートアップ。
150222nogizaka3生駒里奈が「西武ドームのみなさんこんにちはー!乃木坂46です!3歳の誕生日、一緒にお祝いしましょう!」と声を張り上げ、西野七瀬や白石麻衣は「全然寒くない!」と笑顔。乃木坂46の過去最長・最大規模のライブは寒さを吹き飛ばす幕開けとなった。
キャプテンの桜井玲香は「今日で3歳を迎えた乃木坂46。結成当時、3年後の自分たちがこんなに広いところでライブをすることができる日が来るなんて夢にも思っていませんでした。4年目、全力で突っ走っていきたいと思います」と感慨深げに語った。

「リリース当時を思い出せるのがバースデーライブの醍醐味」とメンバーが語る通り、バースデーライブでは歌唱メンバーや衣裳など、可能な限りオリジナルが再現される。一方で、4thシングル「制服のマネキン」や7thシングル収録曲「世界で一番孤独なLover」では、楽曲の導入部が大幅にアレンジされ、歌唱メンバーたちがこれまでに見せてこなかったクールなダンスを披露する演出で会場を沸かせた。

長時間のライブとあって途中に2回はさまれた休憩中にもファンを魅了する企画を用意。
1回目の休憩時間には、10thシングル特典DVDでからあげ料理に挑戦した生田絵梨花と松村沙友理による“からあげ姉妹”が登場。さらに、昨年4月にロックバンド・氣志團と対バンした際に結成された乃木團(Vo.中元日芽香、能條愛未/Dr.齋藤飛鳥/Bass.中田花奈/Key.永島聖羅/Gt.深川麻衣、川村真洋)が再び登場し、「ぐるぐるカーテン」と「One Night Carnival」を生演奏でパフォーマンスした。
_LLL37582回目の休憩には白石麻衣、西野七瀬ら女性ファッション誌で専属モデルを務める5人によるファッションショーを実施。5人が寒さをものともしないウォーキングを披露すると、この企画に“どうしても参加したかった人”ということで川後陽菜が登場。モデル志望を公言している川後は「2015年はこの6人でモデルとしても頑張っていきます!」と意気込みを述べてファッションショーを締めくくった。

本編ラストは10thシングルの表題曲「何度目の青空か?」。歌唱前にセンターを務める生田絵梨花が「寒い中ここまでずっと見守ってくださっていて、一緒に3歳の誕生日を迎えてくださって感謝の気持ちでいっぱいです。ここまで辛いことも一杯あったし、それでもいつもみんなで必死に前を向いてここまできました。だからこれからもどんなことが待ち受けようと、その先には青空が待っていると信じてみんなで歩いていきます。みなさんもよかったらこれからもずっと側にいてください」とファンにメッセージ。
_AA_1900「アンダーライブ 3rdシーズン」の開催決定や研究生の昇格、新舞台の上演決定などサプライズ発表が続いた本公演。本編ラストの「何度目の青空か?」では、サプライズのお返しとばかりに、客席から青いジェット風船が一斉に放たれた。ファンが一体となって実現した演出に生駒里奈らメンバーも瞳を潤ませ、最後は生田が「本日は寒い中、3歳の誕生日を一緒にお祝いいしてくださり、ありがとうございました。これからも乃木坂46は止まることなく上り続けていきます」と感無量の表情でステージを後にした。

関連記事