雑誌を盛り上げたカバーガール大賞に石原さとみ 部門別では大島優子、佐野ひなこら受賞

2014年に発売された雑誌の中から最も多くの表紙をカバーした「カバーガール大賞」受賞者が4日、発表された。


「カバーガール大賞」は3月4日の“雑誌の日”を記念して、多種多様な雑誌の中から、最も雑誌の表紙をカバーした日本で活躍している女性を、雑誌を盛り上げた人物として表彰するもの。

カバーガール総合大賞には合計36誌の表紙を飾った女優の石原さとみが輝いた。石原は『with』『SPRiNG』『MORE』『Ray』等多くのファッション誌以外にも、『anan』『OZ plus』『東京ウォーカー』『日経WOMAN』等多ジャンルの表紙を賑わせた。

記念すべき第一回目のカバーガール大賞受賞に石原は「第一回の大賞を受賞させていただき心から嬉しく思います。ありがとうございます!! 」と喜びのコメント。2014年は今までで1番雑誌を買ったといい、「作品毎に役のイメージを誌面からチョイスして印をつけたり切り抜いたりと楽しく研究していました。自分が表紙のものも含め思い出深い雑誌は部屋に飾っています。様々なジャンルの雑誌で色んな表情やファッション・メイクを届けられるよう、これからも勉強し成長していきます」と今後の抱負を述べている。

そのほか、ファッション部門の大賞は、『and GIRL』『JELLY』『NYLON JAPAN』『sweet』『ViVi』『Zipper』などファッション雑誌24誌の表紙を飾ったローラが獲得。
Weekly Magazine部門は『週刊プレイボーイ』『FLASH』『FRIDAY』などの週刊誌をはじめ、『mini』『smart』『Ray』などファッション誌でも数多くの表紙をカバーした大島優子が大賞を受賞。
グラビア部門はグラビア系の雑誌の表紙にもっとも多く掲載された佐野ひなこ、メンズマガジン部門は『smart』『street JACK』『Samurai ELO』など男性誌での露出が目立った女優の有村架純が受賞している。

各受賞者の喜びのコメントとカバーした表紙一覧は「カバーガール大賞」特設ページにて。
http://fujisan.ms/covergirl2015

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top