遊助、新曲MVで後輩・松坂大輔とキャッチボール

遊助&松坂大輔投手

3月25日にリリースされる遊助の新曲「Take me out to the ball game〜あの・・一緒に観に行きたいっス。お願いします!〜」のMusic Videoに、今シーズンから日本球界に復帰する福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔投手が友情出演していることが明らかとなった。



この楽曲は、メジャーリーグの試合で7回表終了時に観客が合唱する定番曲「Take me out to the ball game」を一部引用して作られたもの。
メジャーリーグをイメージした楽曲であることから、元メジャーリーガーであり高校時代の野球部の後輩でもある松坂投手に遊助が直々に出演オファー。これを松坂投手が快諾し、今回の共演が実現した。

MVは、野球場で二人がトレーニングをするシーンを中心に撮影された。キャッチボールのシーンでは、松坂投手の速球に遊助が「手が痛い!早すぎ!マツ、少し押さえろ!」と漏らす場面もあり、高校時代を懐かしむような、和やかな雰囲気で撮影が進んだ。

松坂投手は今回の撮影について、「カミさん(遊助)は、あの頃と変わらず気さくな人で、今日も久々に色々な話が出来てとても楽しかった。」と充実感たっぷりのコメント。キャッチボールで球が早すぎるという遊助の指摘については、「プロの球がどれだけ早いか、見ている方に伝わるように一生懸命投げました。」と答え、スタッフの笑いを誘う場面もあった。

遊助は「久しぶりにキャッチボールをしたが、たくさん思い出話もできて、とても楽しかった。色々な偶然が重なり、今回マツ(松坂投手)に出演してもらうことができ、とても素晴らしいビデオに仕上がっているので是非チェックしてほしい」とアピールしている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top