AKB48グループ、3.11に4劇場で特別公演 今年も被災地訪問を継続

AKB48「誰かのために」プロジェクト 被災地訪問の様子

AKB48グループが東日本大震災の復興支援活動として2011年3月にスタートさせた「誰かのために」プロジェクトを、今年も継続して行っていくことを発表した。



同プロジェクトの一環としてAKB48グループは定期的に被災地を訪問。2011年5月から今年2月まで、合計46回にわたって被災地を訪れ、トラックをステージに見立てたミニライブや握手会などを通して被災地の人々を応援してきた。
また、震災復興応援ソング「掌が語ること」を2013年3月11日よりプロジェクトの特設サイトにて無料配信。同ページに義援金窓口を設け、ファンからの寄付金を受け付けている。

AKB48グループは2015年もこれらの活動を継続し、被災地復興を応援していくことを表明。「『AKB48グループとして出来ることは何か?』と常に考えながら、これからも被災された方々を応援する活動を続けて参りたいと思います」としている。

震災から丸4年を迎える3月11日(水)には、2012年以降毎年この日に実施されている復興支援特別公演が、今年も国内48グループの各劇場にて行われる。

■AKB48公式サイト「誰かのために」プロジェクト
http://www.akb48.co.jp/darekanotameni/

「誰かのために」プロジェクト 被災地訪問

■2015年

■2014年

■2013年

■2012年

■2011年



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top