miwa、アコギ1本での日本武道館2DAYSに感涙

シンガーソングライターのmiwaが生ギター1本で全国の会場をまわるアコースティックライブツアー「acoguissimo(アコギッシモ)」の日本武道館公演を、3月7日・8日の2日間にわたって開催。2日間で約2万4千人の観客を魅了した。


「acoguissimo」ツアーは、miwaが“全県制覇”を目標に掲げてデビュー当初から続けてきたライブ。これまで31県で開催しており、今回が関東初開催。今月3日にデビュー5周年を迎えた節目に日本武道館2DAYSでの開催となった。

photo by:佐藤薫武道館は、miwaが大学を卒業する2年前に“卒業式”と銘打ってワンマンをおこなった思い出の場所。また、観客としてアンジェラ・アキやシンディ・ローパー等、尊敬する女性アーティストのライブをその目と耳に焼き付けてきた思い入れの強い会場でもある。
miwaにとって約2年振りとなる武道館公演だが、前回のバンドセットとは違い、今回はギター1本の弾き語り。女性アーティストが弾き語りで日本武道館を2日間公演を行うのは異例なことだが、360°のセンターステージにして、最大収容人数を集めた。

会場の暗転とともにアリーナの一般通路に黒いギターケースを背負って登場したmiwaは、そのままゆっくりとアリーナの真ん中に設置された円形ステージへ。ケースからギターを取り出してチューニングを施し、デビュー当時から演奏していた「441」のイントロを奏でると、1万2千人のファンの歓声が一段と大きく降り注いだ。

今回のセットリストは事前にブログ等でリクエストを募集し、miwaがその中からセレクト。シングル曲ではないのにもかかわらず1位となった「めぐろ川」の演奏では、客席の四方からすすり泣く声が漏れた。
ライブ途中には、観客から抽選で8名を選んでステージ上にあげるというサプライズを実施。これは「下北沢のロフトで初めてライブをした時のお客さんの人数」だという。その時のライブでも披露したというシンディー・ローパーのカバー「True Colors」をその8人に向かって熱唱した。

photo by:佐藤薫終盤には、大学を卒業する頃に“音楽で生きていく”決意と覚悟を決めて作った「Delight」、まだデビューも決まっていない高校の卒業直前に作った「つよくなりたい」と続けて熱唱し、本編を終了。声援に応えて再び登場したアンコールの最後には、昨年、OECD東北スクールの子どもたちとパリのエッフェル塔の下で歌った『希望の環(WA)』を会場全体で大合唱し、ライブを締めくくった。
全てを終え、センターステージで感極まり溢れた涙をぬぐいながら「ギター1本で武道館に立てて本当に嬉しいです」と、深々一礼をするmiwaに大きな拍手と歓声がいつまでも鳴りやまなかった。

photo by:佐藤薫

【セットリスト】

M1 441
M2 君に出会えたから
M3 キットカナウ(7日)
  春になったら(8日)
M4 コットンの季節(7日)
  ハツナツ(8日)
M5 めぐろ川
M6 オトシモノ
M7 ヒカリへ
M8 Napa
M9 True Colors
M10 片想い(アカペラver.)
M11 don’t cry animore
M12 Faith
M13 chAngE(7日)
  again×again(8日)
M14 Delight
M15 つよくなりたい

EN1 ミラクル
EN2 希望の環(WA)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top