松田翔太×前田敦子による衝撃のラブストーリー「イニシエーション・ラブ」予告編解禁

小説ならではの巧妙な仕掛けゆえ「映像化不可能」といわれた原作を松田翔太×前田敦子×堤幸彦監督という、いまの日本映画界を名実共に代表するキャスト・スタッフによって映画化する話題作『イニシエーション・ラブ』の予告篇が解禁された。


物語は1980年代後半の静岡と東京を舞台に綴られる青春ラブストーリー。合コンで出会った2人、就職活動中の奥手な大学生・鈴木(松田)と、歯科助手・マユ(前田)のぎこちない恋愛模様を描いた「静岡編」。就職して上京した鈴木が静岡に残ったマユと遠距離恋愛を始め、その関係が徐々に崩壊してしまう「東京編」。パブル最盛期の風俗を盛り込みながら、若い男女の切ない出会いと別れなど、誰もが一度は経験する切ない恋物語を描いた本作は、映画のラスト5分でそれまでの全てが覆る驚愕の展開を迎える。

解禁された予告篇は、“最後の5分、全てが覆る”という本作の世界観に合わせて、異色の二部構成。
前半で描かれているのは鈴木とマユの初々しい出会いからラブストーリーを彩るシーンの数々。しかし、中盤で映像は2月に行われたモニター試写会の様子に突然切り替わる。ラスト5分、“全てが覆る”瞬間の騒然とする試写会場。驚愕、涙、喝采・・・映し出される来場者のさまざまな表情と、それに続く「あなたはきっと2回観る」という言葉に、否が応でも期待感が増していく予告となっている。

映画は5月23日(土)公開。今回初公開となった予告編は3月14日(土)から全国の劇場で流れる予定。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top