斉藤由貴、歌手デビュー30周年記念コンサートでアイドル時代と変わらない歌声

斉藤由貴 30th Anniversary Concert

今年2月に歌手デビュー30周年を迎えた斉藤由貴が13日、日比谷・シアタークリエにて、「斉藤由貴 30th Anniversary Concert」の初日を迎えた。



デビュー当初より携わってきたスタッフを再集結して開かれる本コンサートの初日を迎え、斉藤は「正直感慨深いと言うよりも、緊張感でいっぱいです。リハーサルの時間が少なかったので、綱渡り的な気持ちです」と不敵に微笑みながらの会場入り。

本公演は、3月11日にリリースしたニューアルバム『ETERNITY』のテーマである、「誰もが味わった特別な恋の瞬間へのオマージュ」。
第1部は、ニューアルバム『ETERNITY』に収録されている「Stardust」や「Lovin’ You」を始めとするジャズスタンダードと、朗読で綴られるストーリーがリンクし、目の前に映像が浮かんでくるよう。

斉藤は、これまで過ごしてきたかけがえのない30年という日々を、会場のファンと一緒に振り返る。「昨年は、30周年だけど何もやらなくてもいいんじゃないかなあ~って黙ってたんです。でもデビュー当時のマネージャーが何かやろうよって。その時は困っちゃったなあ。でもね、私の周りのスタッフは 30年間変わらなくて、だからこそ成り立ったコンサートなんです」と嬉しそう。「そういえば25周年の時は毎公演来て下さった方もいて…もしかして今回も全部来る人はいるの?来る人、挙手!」と斉藤が聞くと、多数の手が挙がる。斉藤は「なんで!?」と、会場はすっかり和やかなムード。

そして第2部は、「卒業」や「初戀」などの往年のヒット曲を、アイドル時代と変わらない歌声で歌いきった。
「デビューから30年経って、今の私にしか出来ない表現もあると思うので、そういったニュアンスも大切にして歌ったつもりです。」とコメントを残し、大盛況で初日を終えた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top