乃木坂46、アンダーメンバーによる「君は僕と会わない方がよかったのかな」MVは同窓会がテーマ

乃木坂46「君は僕と会わない方がよかったのかな」MV

乃木坂46の11thシングル『命は美しい』にカップリングとして収録される『君は僕と会わない方がよかったのかな』のMusic Videoが完成し、その予告編が解禁された。



この楽曲は、11thシングルのアンダーメンバーが歌唱しており、中元日芽香がセンターポジションを務めている。
MVは高校の同級生だったメンバー達が卒業して初めての同窓会のために故郷に戻ってくるというストーリーで、卒業後、故郷を離れて働く中元は楽しみにしていた同窓会に遅れながらも、高校時代の思い出を回想しながら、友人たちが集っている会場に向かうというもの。
プライベートでも仲の良いメンバーの斎藤ちはるが親友役を演じているなど、アンダーメンバーの個性を活かした作品になっている。

撮影は、2月上旬の雪もかすかに降っている寒空のなか、『青天の霹靂』『るろうに剣心 京都大火編』など様々な映画の舞台となった長野県上田市の全面協力のもと行われた。
監督の山田篤弘氏は、「遠方オールロケ、かつ長時間という心身ともに大変な撮影の中みなさん頑張ってくれました。特に中元さん、一人だけ同窓会シーンのお鍋も食べれずの申し訳ない境遇でしたが熱演が素晴らしく、斉藤ちはるさんの”間”のお芝居も撮影していてとても楽しかったです。」とメンバーの演技を評価している。

乃木坂46、11thシングル『命は美しい』は3月18日発売。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top