おのののか、本格映画初出演 「呪怨」で恐怖に“おののく”

『呪怨 –ザ・ファイナル-』に出演するおのののか

タレントのおのののかが、映画『呪怨 –ザ・ファイナル-』に出演することが決定した。おのの本格的な映画出演は今回が初めてとなり、ホラー作品への出演も初めて。


映画は、日本国民が選ぶ「最も怖い映画シリーズ」第1位の『呪怨』シリーズ最新作にして最終章。主演には女優の平愛梨を迎える。

『呪怨 –ザ・ファイナル-』に出演するおのののか今回おのののかが演じるのは女子高生・玲央(れお)役。母親を亡くした親戚の少年・俊雄を預かることになったが、玲央の家族に一向に心を開かないばかりか、彼が来てから不可解な現象が相次いで起こり、徐々に呪怨の世界に巻き込まれていってしまい・・・という役どころ。

現在絶賛撮影中だというおのは、「落合監督を筆頭にスタッフの皆さんの力を借りながら、まさに体当たりで演技しています。今まで皆さんに見せてきた私とは全く違う、恐怖全開の“おのののか”、ぜひ映画館でご覧ください!」とアピール。

メガホンを取る落合監督は、おのについて「画面映えする美貌と、恐怖を伝える眼力が圧倒的。本格的な映画出演が初めてだと思えないほど演技もしっかりしている。スクリーンで“おのののか”の“おののく”姿を目撃してください!」と太鼓判を押している。

映画『呪怨 –ザ・ファイナル-』は6月20日(土)より全国で公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top