西内まりや、初の作詞作曲作品をCD化 ドラマ主題歌にも決定

西内まりやが5月6日に3rdシングル「ありがとうForever…」を発売することを発表した。


今作は西内が初めての作詞・作曲に挑んだ楽曲で、中学2年生の時に福岡から上京してきてからこれまで支え続けてくれたファンや家族を始めとした全ての人への感謝の想いが込められている。

レコーディングの様子同楽曲は当初リリースの予定はなく、昨年の12月に大阪と東京で行われたバースデーイベントにて、西内がファンに何かプレゼントしたいという想いから作詞・作曲に挑戦し、披露した。
初めての作詞・作曲に西内自身も試行錯誤を繰り返し、楽曲が形になったのはライブの2、3日前。
その後、千葉・舞浜アンフィシアターにて行われた「福島復興支援コンサート」でも披露され、CD化を望む声が多く寄せられ、リリースが決定。レコーディングまでの間も歌詞やアレンジにこだわり抜き、今回ようやく完成を迎えた。

当初リリース予定がなかったため、「タイトル未定」のままだった同楽曲。今回のリリースにともない、タイトルを決定した西内は「『ありがとう』と『Forever』、『感謝の気持ち』と『これからもよろしくね』という想いを込めて『ありがとうForever…』にしました」とタイトルに込めた思いを語る。

さらに、同楽曲は4月2日(木)より放送スタートする脚本家・小説家の野沢尚原作の読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ「恋愛時代」主題歌(毎週木曜23:59〜)にも決定。
西内は「自分の頭の中から出てきたメロディと歌詞でそのような主題歌になるということはとても嬉しいです。少しでもドラマ、出演者の皆さんをこの曲によって色づけられたらいいな」と主題歌決定を喜び、ドラマプロデューサーの西川氏も「とても切ないけど前向きで力強いメロディは、このドラマの世界観そのものだと思います。素晴らしい曲に出会えたことに感謝します」と絶賛している。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top