キスマイ、一般家庭の庭先でキレキレのアクション!? 「ウナコーワ虫よけ当番」新CM完成

Kis-My-Ft2が出演する虫よけ剤「ウナコーワ虫よけ当番」の新TV-CM「突然の訪問」篇が3月29日より全国で放映される。


「ウナコーワ虫よけ当番」のCMキャラクターとして、「いつもそばで守ってくれる心強い存在で、置くだけ楽しい空間になる」という同製品のコンセプトを毎回かっこよく、かつユーモラスに表現しているキスマイ。
una_mushiyoke_superlong_Blue_CP_RN_141118-A新CM「突然の訪問」篇では、すっかり春らしい陽気となり、窓や扉を開けっぱなしにしているお宅の庭先から、マイクを片手にステージ衣装のままのキスマイのメンバーが突然登場。「心配だな…」「窓の開けっぱなし」「ぶら下げないとね」「コイツを」と言って指し示したのは『ウナコーワ虫よけ当番』。庭先をまるでライブステージのように見立て、キレキレのアクションで「虫から守るよ!虫よけ当番!」とポーズを決める。
ライブステージさながらに、クールでスタイリッシュに登場する場所が、夫婦で普段通りにくつろいでいる一般家庭のお茶の間だというギャップに、思わずクスッとしてしまうコミカルなストーリーを通して、『ウナコーワ虫よけ当番』を印象的にアピールしていくCMとなっている。

撮影当日、元気な声でまずスタジオ入りしてきたのは横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永の4人。撮影の段取り上、たまたま派生ユニット・舞祭組のメンバーでもある4人からの撮影スタートとなったが、演出の説明を始めた監督に二階堂から「今日は舞祭組のCM、ありがとうございます!」との声が。すかさず「いやいや違うよ、今日はキスマイだよ!キスマイ!」とツッコミを入れる宮田。2人のコントのようなやり取りに、撮影冒頭からスタジオ内は和やかな雰囲気に包まれた。
続いて北山宏光、藤ヶ谷太輔、玉森裕太が合流。スタジオ内はさらに賑やかになり、、次のシーンの動きや台詞をお互いにチェックしあったり、リラックスして談笑したりと、和気あいあい。

そんな空気が一変したのは、CM本編の最後に見せる決めポーズのシーン。
わずか数秒の間にいくつものアクションが詰め込まれている難易度の高い振り付けを、まずは各人が習得し、その上で7人全員が一糸乱れぬ動きでシンクロさせなければならない。
振り付けを担当した「振付稼業air:man」の指導のもと、「虫」を表現する絶妙な手の動き、「守るよ」を表現する体全体の動きなどを、1つ1つ実際に動きながら体得。リハーサル以外にも自主トレを重ね、踏み出す歩幅、上げる腕の角度、指先の向きまで、監督から出される細かな指示に見事に対応していき、7人の息がピッタリ揃ったCMが完成した。

なお、「ウナコーワ虫よけ当番」は購入者の中から2,000名に「Kis-My-Ft2 オリジナルQUOカード」が当たるキャンペーンを実施。この機会にしか手に入らない貴重なオリジナルQUOカードとなっている。詳しくは特設サイトにて。

■ウナコーワ 虫よけ当番 特設サイト
http://unakowa.com/



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top