嵐・二宮和也が「暗殺教室」舞台あいさつにサプライズ登場 山田涼介らキャストもビックリ

アイドルグループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介の映画初出演にして初主演となる映画『暗殺教室』が21日、初日を迎えた。


山田をはじめ本作に出演した菅田将暉、山本舞香、知英、椎名桔平、そして羽住英一郎監督がTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行った初日舞台挨拶では、嵐の二宮和也がサプライズで登壇し、これまでキャストにも知らされていなかった本作の重要キャラクター「殺せんせー」の声を二宮が担当していたことが発表された。

舞台あいさつの終盤、二宮がステージ上に現れると、会場からは大歓声。キャスト陣も驚き、椎名が「こないだ『VS嵐』に行ったときも、何も言ってなかったじゃん」と二宮に詰めよる一幕もあった。

150321ansatsu12事務所の後輩にあたる山田は「アフレコをやってる時、『この声、二宮くんに似てるな』とは思った。でも事務所から何も言われてないし、二宮くんからも何も言われてないから」と、戸惑いを隠せない様子。「親が予告を見た時に『あれ二宮くんじゃないの?』って言われて、『いや、違うでしょ。俺主演だし、何も言われてないから』って親と討論した」と明かし、「これ親に1回謝らないと」とボヤいて会場の笑いを誘った。

キャストが撮影を終えた後、昨年秋頃にオファーを受けたという二宮。「その時から『絶対バレちゃいけないんです』って言われてて、じゃあ俺いつ出るんだろうみたいな」と不安を抱えながらこの日を待っていたよう。
エンディングのテロップにも名前が出ていないことに言及し、監督から「今日の六本木のこの回だけ。全国では(二宮の名前入りの)別バージョンで流れてる」と聞くと、六本木の観客に「じゃあ、もう1回観てもらっていいですか。私の名前が入ってますんで」と懇願。

後輩の初主演については「初主演っておめでたいことですから、(自分が)あまり悪目立ちしないようにしようとは思ってました」とし、「だから初日に出てきちゃってすいません。初日以外出ないとずっと出れないんで」と恐縮しきり。
山田はサプライズに驚きつつも、「こういう形にはなりましたけど先輩と共演できて嬉しい」と笑顔を見せていた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top