斎藤工主演ドラマ主題歌はシシド・カフカ移籍後初楽曲 斉藤和義がプロデュース

シシド・カフカ&斉藤和義

昨年avexの新セクション「JUSTA MUSIC」への移籍を発表したシシド・カフカの移籍後初となる楽曲が、フジテレビ系ドラマ木曜劇場「医師たちの恋愛事情」主題歌に決定した。


4月木曜夜10時スタートのこのドラマは、大学病院を舞台に、医師それぞれが悩みを抱えながら、出世争い・恋愛・不倫・三角関係など、さまざまな欲望が渦巻く中で生きていく姿を描く、「医療ドラマ」と「恋愛ドラマ」が融合したオリジナル企画。
今最もセクシーな俳優といわれる斎藤工が、365日24時間患者を救うことだけを考える心優しい性格で利益と権威を第一とする大学病院の体制に反発する正義感の強い外科医・守田春樹を演じ、守田が徐々に惹かれていく先輩外科医・近藤千鶴を石田ゆり子が演じる。

「医師たちの恋愛事情」斎藤工&石田ゆり子主題歌に決定した新曲「Don’t be love feat.斉藤和義」はタイトルにもあるように、斉藤和義との共作。
石田ゆり子演じるヒロインの千鶴に焦点を当てた楽曲で、「働く女性の複雑な心情」を表現した歌詞と、思わず口ずさんでしまう印象的なメロディーがどこか切ないミドルバラードに仕上がっている。

プロデュースした斉藤和義は「ドラマの台本を読んでのイメージもありましたが、カフカさんのマイナー調なメロディの歌を聴いてみたい、こんな風にドラムを叩いてもらいたいなと思って曲を作りました」と説明。
シシド・カフカは「今回は斉藤和義さんとの共作で、新たな風を吹き込んで頂き、とても勉強になる制作でした。ドラマの妖艶な世界に、力強さを添えられる一曲になったのではと感じています」と完成した楽曲に自信を見せている。

「Don’t be love feat.斉藤和義」は4月29日より配信リリースされる。

シシド・カフカ「Don’t be love feat.斉藤和義」

・作詞:斉藤和義/シシド・カフカ
・作曲:斉藤和義
・プロデュース:斉藤和義
・フジテレビ系ドラマ木曜劇場「医師たちの恋愛事情」主題歌
・配信日:2015年4月29日

■シシド・カフカ 公式webサイト
http://shishido-kavka.com/



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top