相葉雅紀、初主演作でビジュアルコメンタリーに初挑戦

「MIRACLE」ビジュアルコメンタリー

嵐の相葉雅紀が単独初主演を果たした映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』のBlu-ray&DVDが5月27日にリリースされる。愛蔵版の特典映像として、相葉雅紀、榮倉奈々、犬童一心監督による<撮り下ろし>ビジュアルコメンタリーを収録することが决定し、先日、収録が行われた。


本作は、山下達郎の名曲「クリスマス・イブ」をモチーフにした中村航による原作小説を犬童一心監督が映画化。映画単独初主演となる相葉雅紀に加え、榮倉奈々、ハン・ヒョジュ、生田斗真が演じる男女4人のすれ違う想い、クリスマスの夜に起こる奇跡を描いたラブストーリー。

映画の撮影から1年ぶりに再会した3人。ビジュアルコメンタリーは初挑戦で「ずっと話していないといけないんですよね?」と心配そうな相葉に対し、榮倉は「映画を見ればいろいろ思い出しますよ、きっと。」と、映画の役柄である“男勝りのサバサバした性格”の杏奈さながらの、落ち着いたアドバイスで相葉をフォロー。
しかし、緊張からかタイトルコールを三度もやり直すことになり、「本編の撮影ではこんなにNGを出したことないのに」と監督を驚かせた。

「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」映画がスタートすると、そんな緊張感もほぐれて和んだ空気になり、それぞれの撮影の想い出が次々と語られた。
冒頭、子供時代の光と安奈がクリスマスに“クリスマスノエル”(クリスマスに人気のケーキ)を買いに行くシーンでは、子供時代のクリスマスの話になり、相葉は「相葉家のクリスマスケーキはショートケーキだった」と話した。また、クリスマス・イブが誕生日ということもあり、「相葉家はそういう制度はなかった」とサンタクロースが来なかったことも明かした。

生田がハンを抱き寄せるシーンでは、一同が声を揃え絶賛。相葉が「かっこいいなぁ。自分もどこかでやってみたいな。」と言うと、監督が「リハーサル1回目からこれを演ってくれて、スタッフはみんな“コレだよ!”って、現場でも絶賛だった」と続いた。

ほかにも、ロケ地での思い出や、音楽監修の山下達朗とのエピソード、今だから明かせる撮影当時に考えていたことなど、ここでしか聞けないエピソードが次々と飛び出した。
収録を終えて相葉は「映画を見入っちゃうという反省点はあるけれど、すごく楽しかった!」と、初挑戦となったビジュアルコメンタリーを振り返った。

「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」

5月27日(水) Blu-ray&DVD発売

■Blu-ray愛蔵版【初回限定生産3枚組】 ¥7,700 + 税
■DVD愛蔵版【初回限定生産3枚組】 ¥6,800 + 税
※Blu-ray通常版(4,700円+税)、DVD通常版(3,800円+税)も同時発売、同時レンタル開始。

©2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 ©2013中村航/小学館   
発売元:アスミック・エース/ジェイ・ストーム 
販売元:東宝



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top