MAN WITH A MISSION × Zebraheadのコラボ楽曲が「マッドマックス」ED曲に決定

MAN WITH A MISSION × Zebrahead

6月20日(土)より全国公開となるアクション大作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の日本版エンディングソングが、MAN WITH A MISSIONとアメリカのパンクロック界の雄、Zebraheadの2バンドが共作で書き下ろしたコラボーレーション楽曲「Out of Control」に決定した。MAN WITH A MISSIONがハリウッドメジャー洋画作品へ楽曲を提供するのは初となる。


古くから親交が深かったMAN WITH A MISSIONとZebrahead。
新曲「Out Of Control」は、MAN WITH A MISSIONのメンバーがレコーディング作業で渡米中、スタジオに駆けつけたZebraheadと共に、一から書き上げた共作曲。Zebrahead特有のパンクロックを基調としつつも、MAN WITH A MISSIONならではのデジタル感も融合された、両バンドの特徴が前面に押し出されたハイブリッドパンクロックに仕上がっている。

今回の日本版エンディングソング起用は今作の監督であるジョージ・ミラーが、MAN WITH A MISSIONの音楽を気に入ったことがきっかけ。
配給元のワーナー・エンターテインメントジャパンも、「本作は全編通して描かれるハイスピードなカー・アクションが売り。その疾走感とクレージーな世界観を観客に共鳴して頂く架け橋となって頂きたい」と期待を寄せている。

MAN WITH A MISSIONのJean-Ken Johnnyは「『マッドマックス』ハ、オリジナルノ映画モ大好キダッタ作品。自分タチガ関ワッタ音楽ガコノ映画ニ使ワレルノハ心ヨリ嬉シイデス」とコメント。

同楽曲はMAN WITH A MISSION×Zebrahead スプリットEP「Out of Control」として5月20日にリリースされる。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top