GENERATIONS、初のアニメ主題歌担当 「ワンピース」新主題歌に決定

GENERATIONS from EXILE TRIBE

GENERATIONS from EXILE TRIBEの最新楽曲「Hard Knock Days」が、フジテレビ系アニメ『ワンピース』の新主題歌に決定したGENERATIONSの楽曲がアニメの主題歌に起用されるのは、これが初めてのこと。



単行本の累計発行部数は3億2千万部を超える『ワンピース』。幅広い世代から支持される大人気アニメだが、GENERATIONSのメンバーたちも御多分に洩れず作品の大ファン。
ボーカルの数原龍友は、「友情、絆、仲間の大切さ、この全てはワンピースで学んだと言っても過言では無いと思います。たくさんの涙を流しましたし、たくさんの笑顔を届けてくれました。子供の頃から大好きな作品ですし、これからもずっとずっと大好きな作品だと思います」と『ワンピース』への特別な思い入れを語る。
それだけに「主題歌に起用されると聞いたときは、驚きが大きすぎて言葉が出ませんでした。いつも見ているワンピースのオープニングで自分が歌っている曲が流れると思うと、とても嬉しい事ですし、めちゃくちゃワクワクしています!」と喜びもひとしお。

パフォーマーの小森隼も、「小学生の時から見ていたワンピースの主題歌に起用して頂き素直に嬉しいです!何度も勇気を貰ったワンピースに負けない様にGENERATIONSのこの新曲で少しでも多くの方に勇気を届けられる様に僕達も頑張りたいと思います!!」と話しており、メンバー一同喜びと興奮を隠せない様子が伝わってくる。

今回、主題歌に起用された楽曲「Hard Knock Days」は、力強いロックサウンドに乗せながら、あらゆる困難に真正面から立ち向かう、タフな毎日を生き抜く日々とその想いを綴った一曲。
数原は「ここまでロックの色が強いサウンドは今まで挑戦した事が無かったのですが、いい意味で今までのGENERATIONSとは違う、GENERATIONSらしくない楽曲に仕上がったと思っています。それがまたひとつ、僕達の持つ可能性を広げるきっけにもなっているのではないかなと思います」とコメントしている。

フジテレビ編成部・狩野雄太氏は、「放送開始16年目を迎え、15周年という節目が終わったと落ち着くのではなく、今後20年を目標に『ワンピース』が更なる飛躍をするために、今最も勢いを感じるアーティストにも一助を担って頂こうとGENERATIONS from EXILE TRIBEさんにお願いをさせていただきました。楽曲を制作していただくにあたり、歴代の主題歌なども振り返るなど、綿密にお打合せをさせて頂き、『ワンピース』の世界観にマッチするような格好よさとキャッチーさを兼ね備えた楽曲を作っていただきました」と、主題歌決定の経緯を説明した。

「Hard Knock Days」は、現在のところ発売は未定となっている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top