指原莉乃、しんちゃんに投票求め「まゆゆに入れない?」と念押し

『映画クレヨンしんちゃん オラの引っ越し物語〜サボテン大襲撃〜』舞台あいさつ

HKT48指原莉乃が18日、ゲスト声優出演する映画クレヨンしんちゃんの最新作『オラの引越し物語〜サボテン大襲撃〜』の完成披露試写会に登場。同じくゲスト声優を務めた日本エレキテル連合らと舞台あいさつを行った。



シリーズ23作目となる本作の舞台はメキシコ。メキシカンスタイルに変身した野原一家の着ぐるみとともに指原もメキシコをイメージした衣裳で登場した。

150405crayon4主人公の野原しんのすけから「どうしたらIKB(イケてる坊主)のセンターになれますか?」と質問された指原は、「教えてあげたいんだけど、指原いまセンターじゃないんだよね。前の話なのそれ」と訂正し、「今年の選挙で、もし1位になれたらまたセンターになれる」と説明。
「1位になれるように頑張って」とエールを送られると「投票してよ、ちゃんと」と自分への投票を促し、「投票するする〜」と軽く答えるしんのすけに「本当?まゆゆに入れない?信じてるね」と念を押していた。

日本エレキテル連合の2人は持ちネタの“細貝さんと朱美ちゃん”キャラそのままの役で本作に登場する。
指原が「エレキテルさんの2人のシーンが衝撃的すぎて…ちっちゃいお子さんはビックリしちゃうかも」と話すと、“細貝さん”も「あれはね、アニメ映画史に残る衝撃シーンになりました」と意味深にアピール。

“朱美ちゃん”から「さっしー上手だったよ」とアフレコを褒められた指原は、「いやもう、しんちゃんファミリーに入ると自分の下手さがより目立って恥ずかしかった」と、野原家との共演シーンで本職の声優陣との力量の差を痛感した様子。しんのすけから「そんなことないよ。超可愛かったよ」とフォローされ、「完成を見たら(劇中で)だんだん上手くなってた」と苦笑いしていた。

映画『映画クレヨンしんちゃん オラの引っ越し物語〜サボテン大襲撃〜』は4月18日(土)より全国で公開。
この日の舞台あいさつにはレギュラー声優の矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治、こおろぎさとみも出席した。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top