ナイツ、「アンパンマン」お菓子の魔神とランプの精霊役で声優初挑戦

お笑いコンビ・ナイツの2人が7月4日(土)公開の『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』で声優に初挑戦することが決定した。


魔法のランプの世界の小さな精霊“ミージャ”は、ある日魔法の腕輪が割れてしまい、クリームパンダとコキンちゃんとランプの世界に閉じ込められてしまう。3人は腕輪を直すため力を合わせて遠い虹色の泉を目指すというストーリー。
今や、小さい子供からお年寄りまで幅広く受け入れられる実力派の芸人として人気があり、一方でナイツの2人は共に1児と2児の父親でもあることから、今回の出演が決定。

2人が演じるのは本作に登場する新キャラクター。大島優子演じるミージャが持つランプの中に棲む“ランプの精霊”を塙宣之、ミージャやクリームパンダ、コキンちゃんの前に立ちはだかる“お菓子の魔神”を土屋伸之が務める。

塙宣之コメント

小学生の時にアンパンマンを薦めてくる友達がいて好きになりました。毎回、友達の家でアンパンマンを観ていました。
1歳になる娘が最近、近所にあるスーパーにおいてあるアンパンマンの人形が大好きになりました。
最初は配役がコンビ逆じゃないかなと思いましたが、だんだんと自分の声が精霊にぴったしだと思うようになってきました。漫才と違って言い間違いをしないように気をつけます!

土屋伸之コメント

昔、児童館で絵本を見たのがアンパンマンとの最初の出会いでした。2歳の娘がドキンちゃんが好きで、私ドキンちゃん!が口癖です。しかしあとからコキンちゃんの存在を知り、コキンちゃん(妹)ほしいと夫婦の距離感を刺激する事を言いだし、アンパンマンは夫婦円満にもつながるんだなと感じました。
映画はこれまでに、上の子を連れて「よみがえれバナナ島」を観に行ったことがあり、今回も是非一緒に観に行きたいです。
毎晩、うちの子供達に絵本の読み聞かせをして来た成果がついに発揮される時が来たと思ってます。アンパンマン史上最強のキャラなのではと、子供達の心に刺さる声を吹き込みたいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

Top