「マッサン」ヒロインのシャーロットがブロードウェイ「シカゴ」主演 来日公演決定に喜び

ブロードウェイ・ミュージカル「シカゴ」に主演するシャーロット・ケイト・フォックス

NHKの連続ドラマ小説「マッサン」でヒロイン・エリーを演じた米女優シャーロット・ケイト・フォックスが8日、主演を務めるブロードウェイ・ミュージカル「シカゴ」の記者会見を都内で行った。


ブロードウェイ歴代2位のロングラン・ミュージカル「シカゴ」でブロードウェイ・デビューを果たすこととなったシャーロットは、会見に先立ち、同ミュージカル楽曲を4曲メドレーで歌唱披露。歌い終えて「めっちゃ緊張しました」と震える手を差し出して見せた。

昨年秋に行われたビデオ・オーディション、そしてブロードウェイのクリエイティブが来日しての本オーディションで主演・ロキシー・ハート役を勝ち取ったシャーロット。
率直な心境を聞かれると日本語で「夢みたい」とひと言。ニューヨークで行った稽古を振り返り、「アンバサダー劇場の舞台に1人で立つのは特別な体験。魔法のようなひと時でした」と充実感をにじませた。

150408charlotte8「いつもいろんなことを過程だと思っている。そのプロセスを日々続けている。“着地した”という感覚は一生ないと思う」と向上心に溢れるシャーロット。「マッサン」でヒロインを演じたことで「本当に変わった。日本に来る前と今の私は人間が違うんじゃないかと思うほど違います」と語る。「『マッサン』というのは自分が今でもどうやってやり遂げられたのかわからない。すばらしい体験でした。演技についても、そして勇気に関しても多くを学びました。また、コントロールしないこと、精一杯やること、いつも最善を尽くすことを学び、今の私があります」と「マッサン」での経験が活きていることを明かした。

本作は今年10月26日よりニューヨーク・ブロードウェイのアンバサダー劇場で上演され、12月4日より渋谷ヒカリエ11階 東急シアターオーブにて来日公演が行われる。シャーロットは「第一の故郷から第二の故郷に持ってこられることに興奮している。本当に幸せなことです」と日本での上演を喜んだ。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top