E-girls・石井杏奈、出演作をメンバーと鑑賞 苦渋の決断明かす

Ayaから花束を贈られる石井杏奈(映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』先行上映会にて)

映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』の先行上映会が9日、東京・江東区のユナイテッド・シネマ豊洲にて行われ、ガールズパフォーマンスグループ・E-girlsのメンバーが観客と一緒に映画を鑑賞した。



本作にはE-girlsのメンバーで女優としても活躍する石井杏奈が、ストーリーの鍵を握る重要人物・三宅樹理役で出演。鑑賞後に石井は「自分の出演した作品をこうやってメンバーのみんなと一緒に観るのは初めてだったので緊張しました」と笑顔を見せた。

E-girlsのリーダー・Ayaは「映画の撮影期間がちょうどE-girlsの初のアリーナツアーと重なっていて、石井杏奈にはツアーに出るのか映画に参加するのか、すごく苦しい選択をしてもらった」と打ち明ける。「その時に本人が覚悟を決めてこの作品に出演したいと。今日メンバーみんなでこの映画を観て、彼女の覚悟というものを私たちもこうやって映像を通して観ることができて、すごく幸せでした」と石井の好演を讃えた。
当時を振り返り、石井も「『E-girlsのツアーと映画どっち取る?』って言われて決断した作品だったので、自分の中でもいろんな思いがあった。それをこうやっていろんな方々に観ていただくことができて、本当に幸せだなって思います」と感慨ひとしお。

MCから「スクリーンの中で樹理役を演じる彼女と普段の石井杏奈は違う?」と聞かれた藤井夏恋は「全然違いますね。違いすぎてビックリしました。本当にすごいなって感動しました」と話し、山口乃々華も「いつも一緒にいる杏奈と全然違う、女優の石井杏奈を観ることができて感動しました」と石井の女優ぶりを称賛した。

150409e-girls31イベントの終盤にはメンバーを代表してAyaから石井へ花束のプレゼント。このサプライズに石井は「え〜聞いてない!」と驚き、「嬉しいです。ありがとうございます」と瞳を潤ませる。
最後に「これからもこうやってサプライズで花を贈ってくれるE-girlsの皆さんの名前に恥じないようなお芝居だったり、行動や態度を取っていきたい」と決意を新たにしてイベントを終えた。

映画は宮部みゆきの最高傑作ミステリーを原作とするヒューマン・ミステリー大作。現在『前篇・事件』が全国公開中。『後篇・裁判』は4月11日より公開される。
イベントには本作に出演する石井杏奈のほか、E-girlsのAya、Ami、藤井夏恋、SAYAKA、楓、YURINO、須田アンナ、藤井萩花、中島美央、鷲尾伶菜、坂東希、佐藤晴美、山口乃々華が出席し、石井の雄姿を観客とともにいち早く鑑賞した。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top