本木雅弘が昭和天皇を演じる 日本史上、最大の決断を描く「日本のいちばん長い日」特報公開

映画『日本のいちばん長い日』の初の映像素材となる特報が公開された。


映画の舞台は太平洋戦争末期、日本がポツダム宣言を受諾し終戦を迎える1945年。昭和天皇が降伏を決定した8月14日正午から、天皇自ら玉音放送で国民に終戦を知らせた8月15日正午まで、日本の歴史上最も重要な24時間を描く。

半藤一利のノンフィクション「日本の一番長い日 決定版」を原作とし、役所広司、本木雅弘、松坂桃李、堤真一、山﨑努ら、ベテランから躍進目覚しい若手俳優まで、今の日本映画界を代表するキャストが顔を揃える。監督は『クライマーズ・ハイ』、『わが母の記』(第35回モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリ受賞)の原田眞人。

このほど公開された特報映像では、連合国への降伏か、本土決戦か、“日本史上、最大の決断”を迫られる中、身を挺し戦争を終わらせるために闘った男たちの姿が初めて映し出される。役所広司が演じる主人公、陸軍大臣・阿南惟幾が「どうやったら、戦争を終結させられるか・・・」と苦悩するモノローグに合わせて、敗戦間近の緊迫した様子が伺えるシーンの数々。
また、太平洋戦争をテーマにした映画は数多く存在するが、昭和天皇の姿・声をはっきりと描いた日本映画は、本作が初。国民を想って平和を求める天皇を、7年振りのスクリーン復帰となる本木雅弘が演じている。
そのほか、山﨑努演じる時の首相・鈴木貫太郎、鈴木首相をサポートする迫水久常内閣書記官長を演じる堤真一。終戦に反対しクーデターを決起する青年将校・畑中を演じる松坂桃李と、豪華キャストが演じる男たちの姿も確認できる。

映画『日本のいちばん長い日』は8月8日全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top