広瀬すず、アニメ声優初挑戦 細田守監督&役所広司が絶賛

モデルで女優の広瀬すずが細田守監督の最新作『バケモノの子』で声優デビューを果たすことが13日、明らかとなった。


映画は人間界(渋谷)とバケモノの棲む異世界「渋天街」を舞台に、バケモノの世界に迷い込み、バケモノ・熊徹の弟子となった少年・九太の冒険を描く。

広瀬が演じるのは渋谷にある進学校に通う女子高生・楓。九太と図書館で出会い、一緒に勉強するヒロイン役。
「会話の尺も決まっているし、自分のニュアンスと絵の表情が微妙に違ったりもするので難しかったです」と初めて声優挑戦に苦労を明かす広瀬。「アフレコ初日、『人間ってこんなに緊張するんだ』というくらい緊張して、とても焦っていました。共演者の皆さんのアフレコを見学させて頂いて、ずっと勉強していました」。

アフレコ3しかし、広瀬のアフレコを見た細田監督は「想像以上の素晴らしい表現力でひっくり返りました」と絶賛。「演技とか、芝居という一面的な部分だけじゃなくて、その表現力のダイナミックさ、情報量の多さに、なんでこんなことが出来るんだろうと、現場で驚くことが多かったです」と広瀬の印象を振り返る。

主人公・熊徹を演じる役所広司も「宮﨑あおいちゃんにしろ、染谷将太くんにしろ、広瀬すずちゃんにしろ、やはりアニメで育った世代は本当にうまい。彼らを見ていると、声がキャラクターの人格にぴったりハマっている感じがします」と賛辞を送った。

「せっかくやらせて頂けるのだから、ちゃんと楓を自分のイメージを越えたものにしたいというプライドを持って挑みました」と話す広瀬。「非現実的な世界観だからこそ、役者さんたちがリアルに近づけることで感動を与えることができる、と今回の経験から学びました」とアフレコを終えて充実感をにじませていた。

『バケモノの子』は7月11日(土)公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top