広瀬すず&松井愛莉&土屋太鳳が母への溢れる想いを好演

女優の広瀬すず、松井愛莉、土屋太鳳が出演するロッテ「ガーナミルクチョコレート」の新CM「母の日2015」篇が14日よりオンエアされる。


毎年、母の日に合わせて期間限定で放送しているガーナの「母の日CM」シリーズ。3人は昨年に引き続き出演となる。

新CMは3人がそれぞれ演じているシーンが、CMの中で1つのストーリーとなって結びつくというもの。
ガーナ「母の日2015」篇6広瀬の出演シーンでは、夕焼けの中、 胸元にカーネーションとガーナミルクチョコレートを携え、母への想いを募らせながら家路を急ぐ。20mほどの坂道を走るハードな撮影にも「こういうシーンの撮影やってみたかったんです!坂の下から顔が見えてくるやつ!」と、理想のシーンの撮影に喜び、何度ダッシュを繰り返しても笑顔を絶やさなかった。

松井の登場シーンはバスの中。座りながら顔の表情のみで感情を表現するという難しい撮影に臨み、「表情だけの演技はやっぱり難しかったです。でも昨年ガーナのCMに出演させていただいた後、映画やドラマなど演技のお仕事を経験させていただいて、そこで得た経験を生かすことができたんじゃないかなと思ってます!」と仕上がりに満足した様子だった。

ガーナ「母の日2015」篇10海岸線が一望できる絶景の坂道を駆け抜ける土屋の出演シーン。元気よく坂を駆け下りる土屋だが、監督が大声で「カット!」と叫んでも一向に止まる気配がなく、慌てた周囲のスタッフが必死で追いかけて止めるというハプニングも。「カットの声が聞こえなかったんですよ!なのでとりあえず走り続けてました(笑)」と笑っていた。

昨年、静岡から上京した広瀬すずは、その後東京に引っ越してきた母親と一緒に暮らし始めたという。「今まで全部一人でやっていたことを助けてくれてます。生活の中の些細なことも、 自分でやることで大変さを再確認していましたし、環境が整って、仕事と学校の両立もしやすくなった」と感謝の気持ちを述べた。
松井は母親を「何でも話せる存在」と表現。「友達に近い、というわけではないんですけど、何でも話せるのでアドバイスももらいますし、いろんな話ができています」と、その関係性を明かした。
ほとんど毎日、母に感謝しているという土屋。「厳しい母だったのですが、『私が太鳳を厳しくしているのは太鳳をいい子に育てたいのではなく、本当の意味で幸せな大人になってほしいからだよ』とよく言っていて。 反抗期ももちろんあったんですけど、20歳になってみて、母が本当の意味で私にとっての自由を考えて厳しくしてくれていたんだなぁって思います」と母親の愛情をしみじみと感じている様子だった。

CMは2015年4月14日(火)から5月10日(日)まで全国で期間限定オンエア。CMソングには本CMのためにコブクロが書き下ろした「hana」が起用されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top