GENERATIONS最新曲「Evergreen」MVは“爽やかさ”と“男らしさ”を昼夜で表現

5月13日に発売されるGENERATIONS from EXILE TRIBEのニューシングル「Evergreen」のミュージックビデオが公開された。


前作「Sing it Loud」に続き、アップテンポなダンスナンバーとなっている今作は、春にピッタリの爽やかなGENERATIONSらしいサウンドとメロディーが心そそる1曲。ボーカルの片寄涼太は「EDMサウンドのなかでも、特に今っぽい色の強いトラックがとても心地よい楽曲」と紹介している。

GENERATIONS from EXILE TRIBE「Evergreen」ミュージックビデオでは、GENERATIONSメンバーが思い思いに、それぞれの個性あふれるダンスを1日を通して披露。昼のシーンでは“爽やかさ”、夜のシーンでは“男らしさ”を彼らの表情やパフォーマンスで表現しており、仲間と純真無垢な笑顔で盛り上がる昼、そして夕日が沈んでも盛り上がりは冷めることなく色褪せない、生き生きとした若者たちの時間をまざまざと映し出した作品となっている。

ボーカルの数原龍友はミュージックビデオについて、「少し大人っぽい表情のシーンがあったり、たくさんのエキストラの皆さんと共に踊っているシーンがあったりと、またひとつ新たな表現に挑戦できた、そんなミュージックビデオになっています。爽やかな曲調でもありながら、サビでは『HEY!』の掛け声が入っているので、一体感を生める楽曲になっています」とコメント。

「様々なシーンと要素が詰まったMVになった」と語るのは白濱亜嵐。「GENERATIONSの二面性を表現するという意味でも昼と夜のシーンがあり、昼の爽やかなGENERATIONS、そして夜のセクシーな一面も感じられるGENERATIONS。そして踊りのシーンも他のMVに比べ比較的多く、パフォーマンスの迫力も伝わる物になったかと思います」とミュージックビデオの仕上がりに満足の様子。「巨大なラジカセが個人的にはインパクトがあって気に入っています!」とお気に入りのポイントも明かしている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top