前田敦子、小嶋陽菜への誕生日プレゼント「1時間半悩んで決めた」

映画「イニシエーション・ラブ」舞台あいさつ

女優の前田敦子が20日、都内で行われた映画『イニシエーション・ラブ』の完成披露試写会で舞台あいさつに登壇した。


舞台あいさつでは劇中に登場する印象的なプレゼントのシーンにちなんだエピソードトークをキャスト陣が披露。
ちょうど昨日4月19日に27歳の誕生日を迎えたAKB48の小嶋陽菜が、自身のインスタグラムに前田や大島優子ら歴代AKBメンバーが集結したバースデーパーティの写真を投稿し、ネットニュースなどを中心に話題となったばかり。
前田は「昨日誕生日だった子がいて、その子のためにプレゼントを買いに行きました」と実名こそあげなかったものの、小嶋へのプレゼントに言及。「人のプレゼントってすっごい悩む」といい、「お店の人にずっと『こういう子で、こういうのが好きで…』っていう話をして、1時間半悩んで決めました」と、プレゼント選びに苦労したことを明かした。

舞台あいさつには前田のほか、松田翔太、木村文乃、三浦貴大、前野朋哉、堤幸彦監督が出席。
主演の松田は「このメンバーで楽しませてもらって、特に監督と前田さんにはムードメーカーになっていただいて、撮影が和やかにできた」と撮影現場の雰囲気を伝える。
そんな松田と本作で初共演となった前田は、「ちょっとクールな人かと思っていたけど、すごい明るい方。先頭きってまとめてくれてた」と松田の印象を語り、「監督も『現場は楽しくなきゃ意味ないよ』って言ってくれていて現場自体が明るい雰囲気だった」と充実した撮影期間を振り返った。

青春ラブストーリーでありながら、ラスト5分でそれまでの全てが覆る驚愕の展開を迎える本作。映像の随所に伏線が散りばめられており、堤監督は「細かいのは本当にいっぱいあります。端々にいろんなものが置いてある。それを見つけてもらいたい」と観客に語りかける。
イベント中、堤監督が1つ重要な仕掛けが隠されたシーンを明かすと、前田らキャスト陣も「ええ!?」と驚きの声をあげ、「全然気づかなかった」と目を丸くする一幕もあった。

『イニシエーション・ラブ』は5月23日(土)全国公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top