SKE48、名古屋「リニア・鉄道館」特別親善大使に就任「新幹線のような、なくてはならない存在に」

SKE48「リニア・鉄道館」特別親善大使就任式

名古屋を拠点に活動するSKE48が21日、名古屋市港区にあるJR東海が運営する鉄道博物館「リニア・鉄道館」の特別親善大使に就任した。


今回の特別親善大使就任は、“日本一新幹線に乗るアイドル”にちなみ最新シングル「コケティッシュ渋滞中」のCDジャケット撮影を同施設や東海道新幹線の駅などで行ったことがきっかけ。
式典にはSKE48を代表して磯原杏華、大場美奈、須田亜香里、高柳明音、古畑奈和、松井玲奈の6名が出席し、リニア・鉄道館の金子利治館長より任命状を受け取った。

鉄道好きのアイドルとしても知られる松井玲奈は「リニア・鉄道館は自分自身、何度も足を運んでいるとても好きな名古屋のスポットです。今回、特別親善大使になったことをきっかけに、その良さをたくさんの人に知っていただいて、みなさんに鉄道を好きになってもらえたら嬉しいなって思います」と頼もしい意気込みを語った。

「先日、新幹線で、すごく素敵な出会いがあった」という高柳明音は「切符の確認に来た車掌さんが、とても丁寧な対応で、こんな方がいらっしゃるんだなぁと思いました」と、新幹線車内でのエピソードを披露。「その方の神対応を見習って私たちも頑張ろうという気持ちになれたので、その車掌さんに出会えたことに感謝しています」と語った。
また、須田亜香里は「お仕事現場に向かうにあたっての期待とか不安とか希望とか、そういう気持ちも全部一緒に運んでもらった新幹線と一緒に撮影できてすごく光栄でした」と前出のジャケット撮影を振り返り、「新幹線のような、なくてはならない存在に近づけられるように頑張ります」と決意を新たにしていた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top