竹内結子&大竹しのぶ、ピクサー20周年作品で洋画アニメーション初声優

女優の竹内結子と大竹しのぶが7月18日公開のピクサー長編アニメーション20周年記念作品『インサイド・ヘッド』で日本語吹替版の声優を担当することが明らかとなった。


『インサイド・ヘッド』竹内結子&大竹しのぶ『モンスターズ・インク』のピート・ドクター監督6年ぶりの最新作となる本作は、誰の中にもあるのに誰も見たことがない“感情”を主人公に、無限に広がる“頭の中”の世界を描いた冒険ファンタジー。
少女ライリーの誕生と共に生まれた感情たち(楽しい気分にする“ヨロコビ” 悲しい気分の時に現れる“カナシミ” 怒りを爆発させるときの“イカリ、 嫌いなものを拒絶する“ムカムカ”、安全を守る“ビビリ”)は彼女を幸せにするために奮闘する。

本作で竹内は“ヨロコビ”を、大竹は“カナシミ”の声を担当。
“感情”そのものを声で演じるというのは、これまでのディズニー/ピクサー作品でも初の試み。2人を抜擢したディズニー担当者は、「“ヨロコビ”は、どんな時も弾むように明るく前向きで、みんなをハッピーへと誘う感情です。“カナシミ”はヨロコビとは対照的でマイナスな感情と思われがちですが、その存在理由に驚くべき秘密がある、ミステリアスな感情。どちらも、人間の中にある感情そのものを演じる非常に難しい役です。それぞれの感情を最大に引き出す高い演技力と、その感情にぴったりなイメージを兼ね備えた方にお願いしたいと考えました。映画やドラマ、舞台で活躍され様々な感情の役を演じられている竹内さん、大竹さんは、11才の少女ライリーと一緒に成長していくヨロコビ、カナシミという感情の機微や人生の深さをセリフで表現してもらえる唯一無二の女優だと感じています」と語る。

洋画アニメーション初声優にして初共演となる2人。
ヨロコビの声を担当する竹内は「まさかディズニーの声優を任されるとは思っていなかった。地面の下から震える感じがして、、、とても嬉しかったです」、カナシミの声を担当する大竹は「頭の中の感情が主人公の映画があるというのは知ってたのですが、まさか自分がやることになるとは思っていなかったから、すごく嬉しかったです」と喜びを語っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top