綾野剛・山田孝之・沢尻エリカら新宿歌舞伎町に登場

映画「新宿スワン」ジャパン・プレミア

映画『新宿スワン』ジャパン・プレミア

5月30日に公開を迎える映画『新宿スワン』のジャパン・プレミアのレッドカーペットイベントが7日、映画の舞台となった東京・新宿歌舞伎町にて行われた。



ジャパン・プレミアには主演の綾野剛をはじめ、山田孝之、沢尻エリカ、金子ノブアキ、深水元基、山田優、豊原功補、伊勢谷友介らキャスト陣と園子温監督、脚本を手掛けた鈴木おさむ氏、山本又一郎プロデューサーが出席。
11人は3台のリムジンで新宿歌舞伎町セントラルロードに敷かれたレッドカーペットの前に乗りつけると、つめかけた2500人の声援に応えながら50メートルのレッドカーペットを歩いた。

綾野剛は「いよいよ始まったな、第一歩を踏み出したなと思っております。5月30日公開ですが、その第一発目としてこれだけの皆様に集まっていただけて大変光栄です」と挨拶。その後、綾野から歌舞伎町商店街振興組合の片桐基次理事長に「スカウト行為防止PRポスター」が贈呈された。
園子温監督は「新宿は僕の青春の地であり、多くの芸術家、ミュージシャン、表現者を育てた街でもあります。僕が青春時代を過ごした残像がこの映画にもしっかり刻まれていると思います」と作品をアピールした。

映画は新宿歌舞伎町に彷徨いついた一文無しの白鳥龍彦(綾野剛)が、スカウトマンとして働きながら、様々な人に出会い成長していく物語。誰よりも純粋で、「自分がスカウトした人には必ず幸せになってほしい」という強い正義心を持っていた白鳥龍彦の心の葛藤や、何が正しいのか、そして自分とは何か?正義とは何か?などを自分に問いながら、傷つきながらも新しい自分に生まれ変わろうとしていく姿を描く。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top