マシュー・マコノヒー×渡辺謙、初共演作の日本公開が決定

「The Sea of Trees」

アカデミー俳優マシュー・マコノヒーと渡辺謙が初共演を果たしたガス・ヴァン・サント監督最新作、『The Sea of Trees』(原題)が、2016年に日本公開することが決定した。



本作は、人生に失望し、自分の命を絶つ為、自殺の名所として有名な富士の樹海にやってきたアメリカ人男性・アーサー(マシュー・マコノヒー)が、同じ目的でその場所を訪れたものの、その気持ちを変え妻子の元へ戻ろうとする日本人男性・タクミ(渡辺謙)と出会うことから始まるドラマ。
2人は極寒の森を脱出するためのサバイバルな旅の中で、人生を見つめ直すようになる。

ハリウッド業界内で製作前の脚本を人気投票によってランキングする「Blacklist」にて、2013年度の「Blacklist」に選出されていた脚本を、アカデミー監督賞にノミネートされた『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』や『ミルク』で知られるガス・ヴァン・サント監督が映画化。
『ダラス・バイヤーズ・クラブ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したマシュー・マコノヒーと、『ラスト・サムライ』で助演男優賞にノミネートされ、現在NYブロードウェイで上演中の「王様と私」ではトニー賞主演男優賞にノミネートされている渡辺謙が初共演を果たしている。

「The Sea of Trees」(原題)

監督:ガス・ヴァン・サント『ミルク』『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』
製作:ギル・ネッター『ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日』
出演:
マシュー・マコノヒー『ダラス・バイヤーズ・クラブ』『インターステラ―』
渡辺謙『インセプション』『硫黄島からの手紙』
ナオミ・ワッツ『ダイアナ』

PHOTO:Jake Giles Netter



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top