オサレカンパニー×TGCによるデザイナー発掘オーディション 審査員に丸山敬太、AKB総支配人・茅野しのぶら

DREAM RUNWAY TOKYO 2015 produced by OSARE COMPANY ×TGC

「DREAM RUNWAY TOKYO」審査員

株式会社オサレカンパニーがTOKYO GIRLS COLLECTIONと共同で発足した、次世代のファッション業界を担うデザイナーを発掘しサポートしていく新プロジェクト『DREAM RUNWAY TOKYO 2015 produced by OSARE COMPANY ×TGC』の審査員が発表された。


同社は2005年のAKB48発足以来、AKB48グループの衣装制作、スタイリング、ヘアメイクを担ってきたチームが独立する形で2013年3月に設立。アーティストと近い距離でスタイリングからヘアメイクまで様々な業務を展開するほか、クリエイターのマネジメント及びプロデュースを行っている。

今回審査にあたるのは、これまでに数々のファッション誌を手がけ、昨年はドラマ「ファーストクラス」(フジテレビ系列) の衣装監修も務めた軍地彩弓。「WWDジャパン」シニアエディターの松下久美。昨年、自身のブランド「KEITA MARUYAMA」が20周年を迎えた、デザイナーの丸山敬太。そして、株式会社オサレカンパニー所属でAKB48グループ総支配人も務める茅野しのぶの4名。

募集されるデザインテーマは「10」。メンズ・ウィメンズ問わず、小物を含めたトータルコーディネートも可。1次審査はエントリーシートとデザイン画を提出。2次審査でデザイン画のプレゼン、3次審査でデザイン画に基づいて制作した衣装を提出する。
受賞者には、9月に開催される「TOKYO GIRLS COLLECTION 2015 AUTUMN/WINTER」で作品を発表する機会が与えられる。

応募条件等の詳細はプロジェクトオフィシャルサイトにて。
http://www.osarecompany.com/



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags ,

関連記事


Top